ホーム レシピ > 簡単なのに本格的! バレンタインに人気のチョコスイーツレシピ5選

簡単なのに本格的! バレンタインに人気のチョコスイーツレシピ5選

もう少しでバレンタインですね。今年はどんなチョコレートスイーツを家族や友だち、恋人に贈る予定でしょうか? 市販のチョコレートスイーツも美味しいのですが、愛情や感謝をたっぷり込めて手作りするのもいいものです。

そこで定番レシピからちょっぴりユニークなチョコレートスイーツレシピまでを5つご紹介。簡単に作れるレシピもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■なめらかで濃厚! バレンタインチョコプリン
なめらかで濃厚! バレンタインチョコプリン出典:E・レシピ

本格的なチョコプリンを手作りしたら、喜ばれること間違いありません。このチョコプリンはなめらか&濃厚な味わいで、思わず笑みがこぼれてしまう美味しさです。仕上げにお好みでイチゴとミントの葉を飾り、ホイップした生クリームを添えると、より華やかに。ハートの型を使用して、ハートのチョコプリンを作るのもいいかもしれませんね。

さらに甘いチョコプリンにしたい場合は、チョコプリンの上にチョコレートソースをかけるのもおすすめ。バレンタイン用としてはもちろんのこと、ホームパーティーなどでも活躍してくれるプリンです。

■ほろ苦さとしっとり食感がたまらない、チョコレートパウンド
ほろ苦さとしっとり食感がたまらない、チョコレートパウンド出典:E・レシピ

ビターチョコレートを使って作るチョコレートパウンドは、ちょっぴりほろ苦いのですが、しっとりとした食感でお子さまから大人まで食べやすいスイーツです。

作り方は、チョコレートは湯煎で溶かし、バターも加え溶かします。そこへ卵黄、グラニュー糖、アーモンドパウダーを順番に加えてよく混ぜます。別のボウルで卵白と大さじ1のグラニュー糖を入れ、角が立つまで混ぜましょう。そして、チョコのボウルに薄力粉を振るい入れ、よく切り混ぜ、卵白を加えます。型に流し込み、180℃で30分焼けば完成! ビターチョコの代わりにミルクチョコレート、ココアパウダーを使用しても美味しくいただけますよ。

■新食感、なめらかな口どけを楽しめるフワフワチョコ
新食感、なめらかな口どけを楽しめるフワフワチョコ出典:E・レシピ

気軽に友だちや職場で配れるチョコレートを作りたいのなら、こちらのレシピはいかが? マシュマロのふわふわ食感とチョコレートのなめらかな口どけを堪能できます。

作り方は簡単で、小鍋に生クリームを入れて弱火にかけ、煮たったらチョコレートを加えて溶かし、さらにバターも加えて混ぜます。そして、バットに流し入れ、マシュマロを散らしてチョコレートの中に埋め込み、冷蔵庫で1時間冷やしてかためましょう。かたまったら、ハートの型で抜き、ココアパウダーを振れば出来上がり。バラマキ用のバレンタインチョコとして最適な一品です。

■2種類の味を楽しめる贅沢なチョコシュークリーム
2種類の味を楽しめる贅沢なチョコシュークリーム出典:E・レシピ

一度に2種類のシュークリームを楽しめれば、贅沢な気分を味わえますよね。このレシピでは、定番の白いシューとチョコレート生地のシューの2種類を作り、白いシューには、チョコカスタードクリーム、ホイップクリームを絞り出し、イチゴをのせて、切った上部分のシューをかぶせ、粉砂糖を振りかけます。

またチョコレート生地のシューには、白いカスタードクリーム、ホイップクリームを絞り出し、イチゴをのせ、白シューと同様に、切った上部分のシューをかぶせ、粉砂糖を振りかけます。手作りとは思えない洗練されたキュートな2種類のシューで、リッチ感あふれるバレンタインを演出できそうですね。

■初心者でも安心! 失敗せずに作れる簡単トリュフ
初心者でも安心! 失敗せずに作れる簡単トリュフ出典:E・レシピ

少し難しいイメージのある手作りトリュフですが、このレシピならお子さまでも簡単に作れます。材料も製菓用のチョコレート、生クリーム、無塩バター、ココアの4つだけで、いつでも手に入りやすいのが魅力。本命用だけではなく、友チョコや義理チョコにもいいでしょう。

少し大人な味のトリュフにしたい場合は、チョコレートをビターにしたり、ブランデーやくるみなどのナッツ類を混ぜても良さそう。ちょっとアレンジを加えるだけで、何通りもの美味しさを味わえます。市販のトリュフに負けない味わいを実現できるレシピです。

今回ご紹介したレシピは、義理チョコ、友チョコ、本命チョコなど、あらゆる贈り物として活用できるので、気になるレシピがあったら、ぜひ作ってみてくださいね。手作りチョコスイーツで楽しくあま〜いバレンタインデーを過ごしましょう。

(木下あやみ)
シェア Google+

関連記事

P R