ホーム エンタメ > 私が娘に我慢を強いていた…!? 深く傷ついた娘が最後に言い放った言葉とは?【やさしさに溺れる Vol.52】

私が娘に我慢を強いていた…!? 深く傷ついた娘が最後に言い放った言葉とは?【やさしさに溺れる Vol.52】

母親の優しさが息苦しい?。心配性で過干渉な母親に支配される子ども時代を過ごしてきた主人公・志乃。

社会人になり、母親から逃れるため、一人暮らしを始めることに、しかし…。人生初の彼氏に夢中になる志乃と娘の恋を阻止する母親。対立する親子関係を通して描かれるのは、女性の「自立」と「恋愛」、そして「自分らしい生き方」について。母親に対して反論ひとつできなかったのには、介護で疲れ果てている母親を悲しませたくなかったからと話すのでした。

■前回のあらすじ
「言える訳ないよ」と口にする娘に本心をたずねる母親。すると、昼も夜も介護に追われる母親の姿を見ていた娘は「ママを悲しませたくなかった、幸せでいてほしかったから」と語るのでした。


■私が娘に我慢をさせていた…!?





■そして娘が言い放った言葉は…

目を合わそうとせず、「帰ってください」と懇願する娘。

そしてひとりになった母親は、自らの振る舞いを深く反省するのでした。


(福々ちえ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ