ホーム エンタメ > ママに泣き顔を見られたくない…! 息子の成長にうるっとした話【うちはモフモフ暮らし 第63話】

ママに泣き顔を見られたくない…! 息子の成長にうるっとした話【うちはモフモフ暮らし 第63話】

みなさんこんにちは。あっという間にもう年末ですね。

みなさんにとって、2023年はどんな一年でしたか??

私にとって2023年は、いろいろあって…悲しい気持ちからスタートした年でした。

いっぱい悩んで泣いて…後悔も反省もたくさんした一年でした。悩んだ分だけ、私も少しは成長できたかな…

この一年で、子供達の心も体も大きく成長しました。

子どもたちは成長していく過程で、たくさんの失敗を経験していくと思うのですが、その失敗から学ぶことも多いですよね。

いろいろな経験や失敗をして、優しい人間になっていってほしいなと願っています。

さて先日、子どもの成長を感じてうるっとした出来事がありました。

■息子の成長を感じた出来事

市内で行われたマラソン大会へ参加した時の話です。

娘は単独マラソン、息子はパパと親子マラソンに参加しました。

娘は一年生の頃からバドミントンを習っているので、練習でよく走っているから余裕でゴールできるだろうなと、さほど心配はしていなかったのですが…

(※実際は大丈夫じゃなかったのですが…それはまた今度書きます)



問題は一年生の息子です!

息子に2.5km走れるのか!?…と、私はハラハラドキドキしながらゴール地点のグラウンドで待っていました。


なんと!!意外と余裕の表情でゴールしたんです!

私の心配なんて必要なかったじゃーん!


…と思ったら、実は一波乱あったようで…パパはゲッソリしていました。


■スタート時に思わぬアクシデントが…!


息子は、スタートしてすぐの下り坂で調子に乗ってしまい、すってんころりんとド派手に転んでしまったそうです。

あまりにもド派手に転んだので、骨折などしていないか心配だった父は、走るのをやめようか?と提案したそうなのですが…

息子は走りたいと泣きながら訴えました。


■泣きながらも、走り続ける息子

すぐ立ち上がり、泣きながらも走り続けた息子。

それから泣き止むことなくずっと、大泣きしながら走っていたとか。

大声で「痛い〜痛い〜」と泣くので、「無理やり走らせているスパルタなパパと思われていそうで、俺の方が泣きたかったわ!」と、パパは苦笑いしていました(笑)


ずっと泣いていた息子ですが、ゴールがあるグラウンドへ入るとピタリと泣き止んだそうです。

「ママに泣いているの見られたくない」と言いながら必死で涙を拭いていたとか。

私が見たゴールする瞬間の息子は、必死に涙を堪えていた顔だったんですね。


マラソン大会、参加してよかったです!

子どもの誇らしげな顔がたまらなく愛おしい!!また来年も、子供たちの誇らしげな笑顔がたくさん見られるといいなぁ。

今年もありがとうございました。

来年も皆さんにとって幸せな一年でありますように!
(nao.sy)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ