ホーム エンタメ > 思いのほか、たくましいのね…先輩・田端が感じた後輩の底力【やさしさに溺れる Vol.69】

思いのほか、たくましいのね…先輩・田端が感じた後輩の底力【やさしさに溺れる Vol.69】

母親の優しさが息苦しい?。心配性で過干渉な母親に支配される子ども時代を過ごしてきた主人公・志乃。

社会人になり、母親から逃れるため、一人暮らしを始めることに、しかし…。人生初の彼氏に夢中になる志乃と娘の恋を阻止する母親。対立する親子関係を通して描かれるのは、女性の「自立」と「恋愛」、そして「自分らしい生き方」について。志乃の失恋に対して、自分のダメさに気づき、足掻くチャンスをもらえたことから、「おめでとう」の失敗なのだと、田端は説明します。

■前回のあらすじ
今回の志乃の失恋に対して「おめでとう」の失敗だと声をかける田端。「ダメな自分に気づいたら足掻くしかないでしょう?」と、失敗を前向きに捉える言葉をかけるのでした。

■「自分にできるかな…」、自信のない志乃





■志乃の整った部屋を見て…

志乃からの眩しすぎる一言。

さらに続く言葉に田端は自分の中の変化を感じるのでした。


(福々ちえ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ