ホーム エンタメ > おせち料理は食べず、お年玉は決まった額!? 私が驚いた沖縄の「お正月事情」【うちの家族、個性の塊です Vol.88】

おせち料理は食べず、お年玉は決まった額!? 私が驚いた沖縄の「お正月事情」【うちの家族、個性の塊です Vol.88】

お正月と言えば、おせち料理。

■沖縄でおせちはいらない!?
私も実家で暮らしていたころは、お正月におせちを食べていました。

お正月におせちを食べていました
小さな頃は何も考えずに食べていたのですが、小学生になると、年末からおせち料理をせっせと準備する母や、手伝う兄の姿をながめながら、

どうにか逃げられないかと思っていました
結婚したら、自分も毎年やらなければならないことを想像し、どうにか逃げられないかと思っていました。

それから時がたち、沖縄県民である旦那と結婚した私。

結婚後最初のお正月前、おせちが作れないことを旦那に話し、買ってもいいか聞いてみると…。

おせちが作れないことを旦那に話したおせち料理は食べず、お年玉は決まった額!? 私が驚いた沖縄の「お正月事情」【うちの家族、個性の塊です Vol.88】
旦那からまさかの「いらない」発言。

お正月におせちがいらない!?

驚いてその理由を聞くと、沖縄県民にはおせち料理の習慣がないそうで、年始に集まったときは、注文したオードブルがほとんどという話でした。

その後、旦那の生まれ故郷に引っ越し、沖縄生活が始まりました。
 
 

■お年玉にも驚いた!
お正月に親戚の集まりがあるのですが、本当におせちはなし。

オードブルと中身汁(豚の内臓を使った汁物)などでお祝いしていました。

オードブルと中身汁(豚の内臓を使った汁物)などでお祝い
沖縄のお正月事情で驚いたことのもうひとつはお年玉。

子どもたちにあげるお年玉は、年齢に関係なく、一律千円。

千円と決まっているのだそうです
沖縄は親戚、子どもが多いため、みんなに配らなければならないので、千円と決まっているのだそうです。

どの子にいつ会うかわからないので、大量の千円札とポチ袋を用意しておき、会ったときに渡していくという感じです。

子どもが多いため、名前がとっさに出てこず、思い出そうと考えた末、結局名前を書かずに渡すのも、あるあるです。

結局名前を書かずに渡すのも、あるあるです
また、沖縄には1月1日の正月以外にも、旧正月というものがあり、お正月が2回あります。

旦那の家庭では、旧正月は大きな集まりはありませんが、旧正月が近づくと、スーパーがにぎわい、お正月用のお菓子や料理、果物などが並んでいます。

県外から来た嫁の私には、沖縄の文化は驚くものばかりです(笑)。
 
 
(SAKURA)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ