ホーム エンタメ > 「私が監視していないと…!」裏切り夫に執着する妻に、義母がかけた言葉とは?【安心して結婚したはずなのに Vol.39】

「私が監視していないと…!」裏切り夫に執着する妻に、義母がかけた言葉とは?【安心して結婚したはずなのに Vol.39】

このお話は作者3chaさんに寄せられたエピソードを漫画化しています。登場する人物はフィクションです。
■これまでのあらすじ
夫の人生を滅茶苦茶にしてやりたい妻、義母の言葉が刺さる―…。親が借金に追われ、幼少期から苦しい生活を強いられてきた主人公・花子には、結婚相手に対して絶対に譲れない条件がありました。それは「金遣いが荒くないこと」「借金をしていないこと」。太郎と付き合って半年で妊娠が発覚し、借金は不要と考えられるほどの安定した収入があることからふたりは結婚。ところがある日、150万もの借入明細票を見つけてしまった花子。嘘をついていた太郎には結婚前から借金があることも判明!総額なんと約300万…。一度は離婚を考えたものの、義両親の説得もあり太郎を許すことにした花子。無事に出産を終え、義実家でお世話になっていたある日のこと、飲み会代を要求してきた太郎の様子がおかしいと花子が家に戻ると、なんと女を連れ込んでいたのです。借金の使い道はすべて女への貢ぎ物。花子はその場でえい子と縁を切らせました。その後どんなに太郎を監視しても疑念は消えることなく、気付けば精神安定剤を飲むほど精神崩壊してしまった花子。心配した義母は、太郎と離れて暮らすことを提案しましたが、目を離したら何をするか分からないから…と花子は拒否するのでした。

■太郎の人生を滅茶苦茶にしてやりたいだけ…!


■太郎への制裁よりも今すべきことは…

今の花子はとにかく太郎が幸せになることを阻止したい気持ちでいっぱい。また裏切り行為をしたり、新たな借金を作ってこないように監視する必要があると義母に訴えます。

そんな花子を見て義母は、自分を裏切った人のことばかり考えるより、自分の子どもにもっと目を向けて欲しいと伝えました。

太郎への復讐心のせいで、今本当に大切にすべきことが見えていないのでは…と核心を突かれた花子は堰を切ったように泣き崩れました。

本当は花子も心の奥では分かっているはず。息子とふたりでこれから先の幸せを考えて欲しいものです。


(3cha)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ