ホーム エンタメ > 「息子が嘘をつくようになってしまった…」義母が語る子育ての後悔【安心して結婚したはずなのに Vol.40】

「息子が嘘をつくようになってしまった…」義母が語る子育ての後悔【安心して結婚したはずなのに Vol.40】

■これまでのあらすじ
夫の人生を滅茶苦茶にしてやりたい妻、義母の言葉が刺さる―…。主人公・花子にとって「お金遣いが荒くないこと」は結婚相手に対して絶対に譲れない条件でした。太郎と付き合って半年で妊娠した花子、借金もなく、安定した収入があることから結婚したのに、ある日太郎の部屋から借入明細票を見つけてしまい…! 離婚も頭をよぎった花子だが、義両親の説得もあり太郎を許すことに。無事に出産を終え、義実家でお世話になっていたある日のこと、3万円の飲み会代を要求してきた太郎の様子がおかしいと家に戻ると、なんと女を連れ込んでいたのです。借金の使い道はすべて女への貢ぎ物。花子はその場でえい子と縁を切らせました。その後太郎を徹底的に監視しても疑いは消えることなく、気付けば精神安定剤を飲むほど精神崩壊してしまった花子。心配した義母が、「子どものこれからの人生を考えて欲しい」と伝えたのでした。

このお話は作者3chaさんに寄せられたエピソードを漫画化しています。登場する人物はフィクションです。

■義母の後悔


■義母の言葉を受けて少し冷静になった花子

義母が花子に息子のことをもっと見てあげて欲しいと言うのには、もうひとつ理由がありました。

それは自身の子育てについて。太郎の幼少期に仕事が忙しく構ってあげられなかったことで、太郎が平気で嘘をついたり、家族を裏切るような大人になってしまったのではないかと感じていたのです。

それを嘆いても、今となっては太郎本人が変わる努力をしなければどうにもなりません。

しかし、花子と息子にはまだ未来がある。だからこそ、今からたっぷり愛情を注いで子どもを育てて欲しい…とお願いしたのでした。

離婚することになってもサポートは続けてくれると話してくれた義母、その言葉は花子に刺さり冷静さを取り戻したのでした。

しかし、そんなにすぐには変われないもの。いつものように荷物検査をしていたある日のこと、ついに花子は新たな裏切りの証拠を見つけてしまったのです。


(3cha)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ