ホーム エンタメ > 「赤ちゃんを抱っこしてあげて!」妻のお願いに、育児に無関心な夫が非情な態度?【僕たちは親になりたい Vol.36】

「赤ちゃんを抱っこしてあげて!」妻のお願いに、育児に無関心な夫が非情な態度?【僕たちは親になりたい Vol.36】

■これまでのあらすじ
子どもを授かることを待ち望んでいた妻の美咲と、子どもをすすんでほしいとは思えなかった夫の拓也が、紆余曲折を経て妊活をスタート。それまでバラバラだったふたりの気持ちがひとつになり、子どもを持つことがふたり共通の願いになるが、なかなか授かることができないまま1年を迎える。そこで不妊治療に踏み切ることを考えたふたりだったが、病院へ行く前に美咲が妊娠。ふたりは喜びに包まれるが、残酷なことに流産してしまう。数年後、赤ちゃんを抱く美咲は、拓也が毎日夜遅くまで帰宅せず、育児にも自分にも無関心なことに傷ついていた。休日に公園に誘ってみるが、「行かない」と言われて…。

■なんで一緒に行ってくれないの?


■抱っこして…!

「前はどこでも一緒に行ってくれたじゃん」

なんで、私と花ちゃんと一緒に行動してくれないのかと、美咲は拓也に抗議します。

すると激しくぐずり、泣き始める花ちゃん。

よしよしと花ちゃんをあやしながら美咲は「もしかしてパパに抱っこしてほしかったのかな」と声を掛け、拓也に花ちゃんを抱っこしてもらおうとします。

しかし、背中を向けたままの拓也は耳を手でふさいでいて…!?


(ちなきち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ