ホーム エンタメ > 「いつもひとりなの?」見知らぬ女性がかけてくれた、励ましの言葉【僕たちは親になりたい Vol.42】

「いつもひとりなの?」見知らぬ女性がかけてくれた、励ましの言葉【僕たちは親になりたい Vol.42】

■これまでのあらすじ
結婚してから「子どもがほしい」と何度も夫の拓也に伝えてはいたものの、拓也と気持ちがそろわず美咲は悩んでいた。しかし、紆余曲折をへてふたりは子どもを持つ生活を思い描き、妊活を開始。なかなか結果が出ずにいた1年後、待望の妊娠が発覚するが、流産してしまう。数年後、美咲は毎日赤ちゃんのお世話をワンオペでこなし、拓也が子育てに参加してくれないことに寂しい気持ちを抱いていた。そんなある日、美咲は仕事が休みの拓也を公園に誘うが、断られてしまう。赤ちゃんとふたりで公園に行った帰り道、連絡しても返信のない拓也に落ち込みながらスーパーで買い物をしていると、見知らぬ女性に声を掛けられ…。

■元気な女性の声掛けに…


■女性のやさしい言葉に…

スーパーで突然元気に声を掛けて来たのは、見知らぬ女性。

抱っこ紐の中にいる花ちゃんをのぞきこんで「ちいちゃくて、かわいいわねー」と言ってくれました。

さらに「あなた旦那さんは? いつもひとりなの?」と心配してくれて…。

「自分を追い込みすぎないようにね」「自分の気持ちはしっかり口にして吐き出した方がいいわよ!」とやさしい言葉を掛けてくれるのでした…。


(ちなきち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ