ホーム エンタメ > 「そもそもこれ…」 我に返った夫の驚くべき思考【極論被害妄想夫 Vol.34】

「そもそもこれ…」 我に返った夫の驚くべき思考【極論被害妄想夫 Vol.34】

■これまでのあらすじ
エリートで稼ぎはあるけど、亭主関白と極論で妻を自分の思い通りにしようとする夫のすぐる。妻のSOSにも極論を振りかざし、ワンオペ育児が続く妻は次第に追い詰められていきます。子どもたちに金銭的な苦労をかけまいと我慢してきた妻ですが、ある日すぐるが自分のメンツを守るために娘を怒ったことでついに我慢の限界が。自己中心的な父親は娘たちに悪影響だと、実家に戻ったのでした。今までの不満を妻に突きつけられたすぐるは相変わらず被害者面で「〇ねばいいんでしょ」と被害妄想発動。その言葉にブチギレた妻は離婚を突きつけ、話があるなら手紙を送れと言って着信拒否。妻が怒っていることに焦ったすぐるは、すぐにレターセットを買いに行ったのですが…。

■妻の本気の怒りに焦り出すも…


■我に返った夫

すぐるの焦り、1話しか持たず…。そう簡単に、人は変わらないようです。

「手紙を送るなら3日以内に」とタイムリミットが迫る中、すっかり開き直って愚痴を聞いてくれる仲間を探すすぐる。

果たして、すぐるの話を聞いた仲間の反応は?


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ