ホーム エンタメ > 「僕のように家族のために無理して働け」隠してた夫の本音が炸裂【極論被害妄想夫 Vol.49】

「僕のように家族のために無理して働け」隠してた夫の本音が炸裂【極論被害妄想夫 Vol.49】

■これまでのあらすじ
年収一千万を稼ぐことに誇りを持っている主人公・すぐるは、妻が家事育児に追われていても感謝するどころか、妻を極論で追い詰める被害妄想夫。ずっと我慢してきた妻も、自身の体裁を保つために娘を怒鳴ったすぐるを見て限界を迎え、離婚を言い渡しました。自分を非を認められないすぐるは、妻から離婚届が届いてようやく義実家へ向かいます。夫との直接対決に「責められる」と思った妻だが、初めて頭を下げ謝罪してきたすぐるを見てもう一度信じてみることに。しかし、翌日家族で遊園地でヘトヘトになるまで遊び、家に帰ると「片付けよろしく!」といつも通りのすぐるがそこにいたのでした…。

■ひとりで片付けさせる気?


■娘たちの前で声を荒げ…

「それはかすみの仕事」「僕は辛かった」「僕のように家族のために無理して働け」

被害者意識で亭主関白で自分勝手なすぐるの発言。

かすみたちを連れ戻しさえすれば、また以前と同じ生活ができると思っていたのでしょうか…。

すぐるの本性を見たかすみは、どうするのでしょうか。


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ