ホーム エンタメ > 環境を変えたら生活が一変! 奈落の底にいた自分にかけてあげたい言葉とは?【私の生理のしまい方 Vol.13】

環境を変えたら生活が一変! 奈落の底にいた自分にかけてあげたい言葉とは?【私の生理のしまい方 Vol.13】


この漫画は書籍『私の生理のしまい方』(著者:原あいみ/監修:関口由紀)の内容から一部を掲載しています(全22話)。

■これまでのあらすじ
医師に更年期の症状だと言われたはるみさんは、薬を出してほしいと希望するも、症状が出ていない状態での投薬はできないと言われてしまいモヤモヤするのでした。さらに、定年間近の夫の勤務体制が変わることになり、今までの生活リズムが変わってしまうことに…。自分の心身の不調と、早く帰宅する夫のお世話が重なり、日々何かに追いかけられている感覚に。息子に相談メッセージを送ると「仕事、やめたら?」と返信が。これまで仕事を辞めるなんて考えたこともなかったが、この先の人生を楽しく過ごすため「辞める」ことにするのでした。








転職してからのはるみさんは、毎日が新鮮でキラキラしていました。生活リズムも変わり、家事も無理なくこなせるようになり、これまで不安に感じていた体の不調についてもあまり深刻に考えないようになりました。

好きなときに好きな場所で眠ったり起きたり、規則正しくしなくてもいい! と思うことで、はるみさんの気持ちもスッキリ。

環境を変える力は自分にあるのだ、と前向きな気持ちになれたのでした。

次回は、夫婦生活に悩みを抱える・マナミさんのエピソードをお届けします。


『私の生理のしまい方』
(著者:原あいみ/監修:関口由紀(KADOKAWA) 
「私の生理のしまい方」はこちら

生理不順、疲れやすい、眠れない、イライラする…もしかしてこれって更年期? 40代からの大人女性のさまざまな不調について、9人の体験談をマンガ化! 人生の後半戦、悲観するのではなく、心身ともに自分らしく楽しく生きていくには? 漠然とした不安に寄り添い、ゆらぎがちなこの時期を前向きに乗り越えるヒントがもらえる1冊。


(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ