ホーム エンタメ > 発表会は「来んでいいで」 幼稚園最後の発表会で知った息子の本心【めまぐるしいけど愛おしい、空回り母ちゃんの日々 第370話】

発表会は「来んでいいで」 幼稚園最後の発表会で知った息子の本心【めまぐるしいけど愛おしい、空回り母ちゃんの日々 第370話】


今よりもっと幼い頃はとってもカワイイ事を言ってくれていた末っ子も、上の子達同様、今ではすっかり【イベントごとには来てくれるな】スタイルが定着してしまいました。(なんでや!)


先日、幼稚園最後の発表会があったんですが、予想通り、拒否。(しかも笑みを浮かべながら 笑)

しかし、今回は最後という事でしっかりと見に行かせていただきました!


少人数の幼稚園なので、かなり近くから見ることができ、さらにそれぞれのクラスの発表が始まる前に観覧席の席替えが行われ、各家庭1人ずつ【最前列】へ!

ワクワクしながらスマホのカメラを構えつつ待っていたんですが、舞台袖から上がってきた瞬間、私と目が合った末っ子はかぶっていた帽子をザっと勢いよくおろし、顔を全隠ししました(笑)


その後もず〜と顔を隠しつつ、顔を出さなければいけない場面では終始無表情を貫き通し。

一番最後、子どもが一人ずつ中央で、自分の役柄と名前を言う場面があったんですが驚くほどに小声でした(笑)

帰宅後、早速理由を聞いてみたんですが、みんなが一斉にカメラを向けていたのがとっても恥ずかしかったそうで。

上の子達も【恥ずかしい】という理由で今回の末っ子のような状態になることがよくあったんですが、【カメラを向けられたから】という具体的な理由を聞いたのは初めてだったので確かに、大人でも急に大人数からカメラを向けられたらびっくりするよな〜、なるほどな〜!!と思いました。

とりあえず、私の事がイヤだったわけじゃない事が分かってホッとしました(笑)
(ホリカン)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ