ホーム エンタメ > 「本来なら採用取消もの」マネージャーの厳しい一言に、元同僚の怒りの矛先は…【クレームを押し付ける同僚と戦った話 Vol.46】

「本来なら採用取消もの」マネージャーの厳しい一言に、元同僚の怒りの矛先は…【クレームを押し付ける同僚と戦った話 Vol.46】

■前回のあらすじ
転職先のカラー専門店で同期社員として出会ったえいこ。スキルゼロ・やる気ゼロの彼女はクレームを頻発。それでも態度をあらためないえいこは本店に異動後、クビに。一方主人公は美容師として転職をかなえます。しかし、転職先でえいこが系列店のカラー専門店で店長候補になっていることを知り、阻止を図ることに。マネージャーの許可を得て、作戦を決行します。一人だけ不合格を告げられたえいこは、「そんなバカな」と反論。講師はえいこが仕上げたマネキンを皆に見せ、「さすがにこれは合格にできません」とバッサリ。マネージャーから、1ヶ月間の研修を告げられます。しかしえいこは、「店長候補じゃなくなるってことですか?」とあらぬ主張を始めるのでした。


■変わらないモンスターぶりに…!





■呆れるしかない展開に…

店長候補でなくなることに不満をあらわすえいこに、マネージャーは「本来は採用取り消しもの」だと伝え、「もうこれ以上私たちをガッカリさせないでください」と静かに怒りをあらわします。

一方、えいこはその怒りの矛先を主人公に向けることに。またもや一悶着が起きる予感が…。



(和泉スゥ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ