ホーム エンタメ > 授乳でまったく赤ちゃんの体重が増えなかったのに…突然現れた「助産師さん」がすごすぎた【あり子のワーママ奮闘記 Vol.45】

授乳でまったく赤ちゃんの体重が増えなかったのに…突然現れた「助産師さん」がすごすぎた【あり子のワーママ奮闘記 Vol.45】

■前回のあらすじ
お産の進みが急激だったため、その反動で後陣痛がかなり強く起こり、痛み止めを飲んでも治らず、結局3日間ほど痛みに耐えることに。スピード出産だったため、夫が準備してくれたテニスボールを使ったり、ペットボトルで飲み物を飲んだりする暇もありませんでした。


こんにちは! 宝あり子です。

■後陣痛が痛すぎた
分娩室でしばらく待機したのち病室へ戻ってきました。

後陣痛が痛すぎた
陣痛がまだ続いているかのような痛みでつらかったです。

後陣痛は出産して子宮が元の大きさに戻ろうとして収縮する際に起こる痛み。

後陣痛が強く起こっていたため、先生の回診時おなかを確認するたびに…。

「子宮の戻りがいいね! 痛いけどこれは良いことだから!」と言うだけでした。

子宮が戻りが良くてよいことなのだと思いますが、とにかく痛くてつらかったです。

痛み止めを出してもらいましたが全然痛みは落ち着きませんでした。

■新生児がかわいすぎて授乳室が天国だった
しかし、そんな痛みを抱えながらも授乳の時間がやってきました。

新生児室に次女を迎えに行くと、

「宝ちゃんいらっしゃい! 宝ちゃんベビーかわいいね!」と助産師さんが優しく出迎えてくれました。

新生児がかわいすぎて授乳室が天国だった
切迫早産入院で知り合いの助産師さんたちが多かったので、次女がおなかにいるときから見守ってくださった助産師さんたちが、生まれた次女のことをかわいがってくれてうれしかったです。

長女のときはうまく授乳ができず、だんだんと授乳の時間が怖くなってしまいましたが、次女のときは…。

生まれたての赤ちゃんが見られる授乳の時間が毎回、楽しみでした
上の子の時は初めての授乳、初めてのおむつ替えに悪戦苦闘。

新生児を愛でる余裕があまりありませんでした。

しかし、今回は二人目なので生まれたばかりの次女はもちろん、授乳室の新生児みんなかわいすぎて生まれたての赤ちゃんが見られる授乳の時間が毎回、楽しみでした。

そして、長女のときはうまく授乳ができませんでしたが、今回は…。

母乳を飲めていない状況でした
初授乳で吸いついてくれましたが、授乳後の体重は増えていなかったので母乳を飲めていない状況でした。

とはいえ、ミルクで元気に育ってくれた長女を見ているので今回は安心して「飲めなかったらミルクがあるし」と思うことができました。

しかし、まさかの出来事がありました。
 
 

■母乳指導に来た助産師さんがすごかった
「そこのあなた! 赤ちゃんがまったく母乳飲めてないよ!」と病院の提携先の助産院から母乳指導に来た助産師さんに言われました。

「足を開いてドシっと構えて!」

「猫背になってるから姿勢を正して胸を張って!」

と矢継ぎ早に言われました。

さらに…。

授乳でまったく赤ちゃんの体重が増えなかったのに…突然現れた「助産師さん」がすごすぎた【あり子のワーママ奮闘記 Vol.45】
次女の頭をグイグイ押してきて正直「この助産師さん怖い」と思いました。

しかし、助産師さんが授乳を手伝ってくれたあとに体重を計ったらなんと体重が増えていました!

これにはビックリ。

かなり厳しい助産師さんで授乳室の空気はピリっとしていましたが、その実力はすごかったです。

さらに、その助産師さんが「退院後、授乳でうまくいかなかったらお手伝いするからうちの助産院に来なさい」と言ってくれました。

長女の新生児期に「母乳のことで助産院に相談していたら何か違っていたのかな?」という気持ちが少しあったため、今回この助産師さんに出会ったのも何かの縁だと思い、退院後にこの助産師さんがいる助産院の母乳外来に行ってみました。

※この体験記に記載された症状は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明するものではありません。

(宝あり子)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ