ホーム レシピ > 糖質オフがうれしい! 「厚揚げのお好み焼き」

糖質オフがうれしい! 「厚揚げのお好み焼き」

お好み焼きは混ぜて焼くだけで手軽にできるけれど、糖質が気になるという声も。
そんな方におすすめなのが、「厚揚げ」を生地にして作るお好み焼きです。

厚揚げを薄切りにして生地にするので、小麦粉を使って作る一般的なお好み焼きに比べて、糖質は1/10!
ダイエットにはもちろん、低糖質なので、ごはんのおかずとしても安心なメニューになります。

また、厚揚げは豆腐から作られますが、豆腐に比べて栄養価が高いのが特長です。
例えば、たんぱく質と食物繊維は2倍以上鉄分は3倍以上カルシウムにいたっては4倍以上と、とても栄養が豊富なのです。

なので私は娘の発育のために、お味噌汁の具材は豆腐より、厚揚げを入れることが多いです。
我が家では厚揚げのお味噌汁は定番なので、保育園のママ友と「今日の夕ご飯何にする?」という会話の時に普通に言ったら、お味噌汁に厚揚げを入れるは珍しいと口々に言われてしまいました。
一般的ではないことに、こちらが驚いてしまいましたが、ご興味があればぜひお味噌汁にも厚揚げを活用してみてください。
豆腐と厚揚げなら、栄養的には断然、厚揚げに軍配が上がります。
また、「暑いから冷ややっこ」という日もいいですが、たまには厚揚げも食卓に取り入れると、夏バテ対策にも役立ちますよ。

■厚揚げのお好み焼き

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 2人分>
厚揚げ 1枚
醤油 小さじ1/2
キャベツ 1枚
塩 少々
卵 1個
ごま油 適量
マヨネーズ、かつおぶし、ソース、青のり 適量

<作り方>
1、厚揚げは18等分の一口大に切る。キャベツは千切りにする。


2、ごま油を熱したフライパンで厚揚げを軽く炒め、醤油で下味をつける。キャベツも入れ、塩を加えて混ぜ合わせる。

3、溶き卵を回し入れる。

4、器に盛り、マヨネーズ、かつおぶし、ソース、青のりをかける。

糖質が気になる方はぜひ試してみてください。

(長 有里子)
シェア Google+

関連記事

P R