ホーム 恋愛・暮らし > 急によそよそしい… まわりの態度が変化した理由は?

急によそよそしい… まわりの態度が変化した理由は?


(c) naka - stock.adobe.com


少し前まで普通に挨拶をして言葉を交わしていたのに、最近まわりがよそよそしくなったと感じることはありませんか?「自分は何もしてないはずだけど、何かしちゃったのかな…」そう考えだすと、キリがありませんよね。

まわりの態度が以前と比べ、悪いほうに変わったと感じるのは、いくつかの理由が考えられます。今回はその理由についてお話していきましょう。


■最近、まわりの様子がおかしい…!
まわりの様子がいつもと違う… と感じるのはどんなときなのでしょうか。

例えば、今まで定期的に来ていたLINEグループからの連絡が途絶えているとき。今まで誘われていたランチにあまり誘われなくなったとき。そんな状況では「もしかしたら自分を抜いた別のグループをつくっていて、そこで連絡をとりあっているのかも…?」と不安になるものですよね。


(c) maria_savenko- stock.adobe.com


それから根拠はないけれど、なんとなく避けられている気がする。声をかけても、いつもよりそっけない気がする。気のせいかもしれないけれど、やっぱりなんだかいつもと違う…。そんなふうに何かしらの違和感を感じる人もいるようです。

■よそよそしくされる理由とは?
実際に周囲がよそよそしくなっているのだとしたら、その理由はどこにあるのでしょうか? 実はこれには2つのパターンがあります。1つは相手のほうがあなたを気にしすぎているパターン。もうひとつはあなた自身の言動に問題があるパターンです。次からそれぞれ詳しく説明していきましょう。

1、相手がこちらの言動を気にしすぎている場合


1つ目は相手がこちらのいった言葉、こちらのした行動を気にしすぎて、よそよそしくなっているパターンです。例えば住んでいる場所や夫の職業、乗っている車、着ている服、子どもの学業成績などを勝手に比較して、こちらを羨んで目の敵にしているような状態ですね。
そうすると態度がかたくなったり、冷たくなったりすることがあります。

これは相手の思い込みであり、誤解です。嫉妬心の裏返しで、よそよそしい態度となっている可能性があります。

2、こちらの言い方、伝え方に問題がある場合


2つ目はこちらの言動に問題があるパターンです。例えば、あなたが誰かを手伝ってあげたいなと思い「だってこれじゃ、かわいそうでしょ?」と声をかけたとします。そう声をかけられた相手は素直に「ありがとう」と思うでしょうか?

「かわいそう」といわれて助けてもらっても、あまりうれしくないものですよね。「かわいそうといわれてまで手伝ってほしくない」と反発したくなる人ももしかしたらいるかもしれません。本人は親切のつもりでいったことが相手には嫌味に聞こえ、カチンと感じさせてしまうこともありますし、お節介と捉えられていたりすることもあります。

同様に「仕事しなきゃいけないから、大変でしょう?」という声がけも、人によっては「仕事しないとお金がないから、大変でしょう?」という嫌味に捉えられてしまうことがあるようです。言い方や伝え方が相手にとって素直に受け入れにくいものになっている可能性があるパターンといえるでしょう。


■パターンの見極め方と対処法

(c) buritora - stock.adobe.com


では、まわりがよそよそしいことに何らかの原因があるなら、その原因をどう見極め、対処していけば良いのでしょうか?

パターンを見極めるのは意外と簡単です。それは「誰か1人(数人の取り巻きを含め)が自分に対してよそよそしい」のか「グループ全体がよそよそしい」のかをチェックしてみることです。

よくよく思い出してみるとよそよそしいのは特定の人だけだった、ということもありますし、あからさまではないものの多くの人から距離をとられていた、ということもあるでしょう。

こんなふうにパターンを見極めることができたら、次は対処法を見ていきましょう。

1、相手がこちらの言動を気にしすぎている場合の対処法


相手が1人、あるいは特定の数人の場合、「私、何かしましたか?」と直接訪ねたりするのは逆効果です。嫉妬を感じている相手に本音を話すことは少ないですよね。こんなふうにお伺いをたてると、相手はますます態度を硬化させてしまうかもしれません。そんなときはこちらから距離を置いてみることをおすすめします。

具体的には、よそよそしい相手以外に態度が変わらない人が何人かいるはずなので、そうした人と楽しく過ごすようにします。よそよそしい相手とは距離をおき、別の場所で楽しく過ごしているといつの間にか人が増えてくるかもしれません。それは、楽しそうな顔をしている人や楽しそうな雰囲気のところには人が集まるからです。

そうなると、大勢でいつも楽しく過ごせることになるので、結果的に特定の人によそよそしくされても気にならなくなってくるんですね。

2、こちらの言い方、伝え方に問題がある場合の対処法


グループ全体があなたによそよそしい場合は、どんな対処をすれば良いのでしょうか? そんなときはPTAの役員でも園のお手伝いでも何でもいいので、何かの係を率先して引き受けてみることです。

行事を企画・調整したり、管理をしたり、ほかの人のサポートに回ったり…。みんなのために一生懸命働くことで「あの人、言い方はきついけど悪い人じゃないんだよね…」などといった感じで、少しずつ周囲の評価を変えていくことができるはずです。

何かの仕事を請け負うと、お母さん同士で密に連絡をとりあうことが増え、まわりと話すキッカケもできますよね。他人と関わりあっていると、自分の至らない点に気付くこともあるでしょう。親密な関係になれば「あの言い方はちょっとキツかったかもね…」などと指摘してくれる人も出てきます。誰かとつながる場を自分でつくり、役立つことを意識してみましょう。

まわりが急によそよそしくなった… と感じるのは実は理由があるかもしれません。2つのパターンと異なる対処を知ることで、不安解消のお役に立てればうれしいです。


(佐藤栄子)

シェア Google+

関連記事

P R