ホーム レシピ > 夏に食べたいカレーレシピ5選、スパイシーな「食」でパワーアップ!

夏に食べたいカレーレシピ5選、スパイシーな「食」でパワーアップ!

夏に食べると元気になる料理のひとつに「カレー」があります。スパイスがふんだんに入ったカレーを食べると、内側から元気がみなぎってきますよね。子どもから大人まで大好きな料理でもあります。

そこで今回は、人気のカレーレシピを5つご紹介。スパイシーな「食」でパワーアップしましょう!

■夏野菜がたっぷり入った、ヘルシーな夏カレー
夏野菜がたっぷり入った、ヘルシーな夏カレー

出典:E・レシピ


夏野菜はみずみずしくて美味しいですよね。そんな旬の野菜がたっぷりと入ったカレーを作ってみませんか? このレシピでは、ゴーヤやナス、プチトマト、枝豆を使っていますが、お好みでインゲンやズッキーニ、オクラを入れてもいいでしょう。冷蔵庫の残り野菜を使って作るのもオススメ。

彩りも良く、食卓に華を添えてくれます。このカレーを食べれば、ゴーヤとスパイスの効果で、夏の疲れが癒され、食欲が刺激されそうです。野菜嫌いな子どもでも、これなら食べることができるかも!? ぜひお試しください。

■見た目も味も美味しい、ピーマンキーマカレー
た目も味も美味しい、ピーマンキーマカレー

出典:E・レシピ


定番のカレーに飽きたら、キーマカレーを作ってみるのもいいかもしれません。ピーマンの食感が残っていて、食べ応えのあるピーマンキーマカレーです。黄パプリカも入っているので、見た目も鮮やか! 仕上げにお好みでドライパセリを振ってからいただきましょう。多めに作り、翌日のお弁当の主食にしても良さそうですね。

このレシピを美味しく作るコツは、蓋をして2〜3分煮てトロミをつけること。そうすることで、カレーが水っぽくなるのを防げます。ボリュームアップしたい場合は、具材にナスやニンジンを加えてもいいでしょう。

■本格的な味! 隠し味たっぷりのゴロゴロビーフカレー
本格的な味! 隠し味たっぷりのゴロゴロビーフカレー

出典:E・レシピ


レストランで食べる本格的なカレーの味を自宅でも再現できます。そのレシピがこちら! 隠し味たっぷりのビーフカレーです。野菜と肉がゴロッと入っていて、子どもから大人まで大満足できます。

隠し味はインスタントコーヒー、赤ワイン、みじん切りにしたニンジン、リンゴです。また牛肉には下味をつけます。一手間かけることで、本格的なビーフカレーを作ることができるんです。ご飯をよそった器にカレーをかけ、らっきょうを添えてからいただきましょう。後を引く深みのある味わいで、一度作るとハマってしまいますよ。

■超短時間で作れる、本格派タイ風チキンカレー
超短時間で作れる、本格派タイ風チキンカレー

出典:E・レシピ


時間がないときでも簡単に作れるのが、こちらのタイ風チキンカレーです。本格的な味わいで、タイ料理が好きな人にもオススメなレシピです。

作り方は、鍋にココナッツミルクの半量を入れ、強火にかけて煮たてます。カレーペーストを加えてよく混ぜ合わせ、残りのココナッツミルクを少しずつ加えながら煮ましょう。そして、鶏もも肉、ナス、水を加えて強火にし、煮たったら水煮タケノコを加えます。再び煮たったらピーマン、赤ピーマン、砂糖、ナンプラーを加え、6〜7分煮てください。火を止め、レモン汁を加えてひと混ぜし、ジルを加えてさらに全体に混ぜ合わせ、器に盛れば完成です。

■イカの旨みがたっぷり! まろやかな味わいのイカカレー
イカの旨みがたっぷり! まろやかな味わいのイカカレー

出典:E・レシピ


カレーの煮込み時間って長いですよね。しかし、こちらのレシピなら煮込み時間が短くて助かります。忙しいときでも、パパッと作ることができますよ。このカレーはイカの旨味が効いていて、まろやか。イカの臭みも感じません。ココナッツミルクの香りが食欲をそそります。

濃厚なカレーが好きな場合は、イカのワタを入れても良さそうです。また具材にブロッコリーやパプリカを加えても美味しくいただけますよ。家族から愛される家庭の定番料理のひとつになる可能性も大! 仕上げにお好みでガラムマサラを加えると、より本格的な味になります。

カレーを作ろうと思うと、いつもの「家庭の定番カレー」を作りたくなりますが、たまには旬の食材を使ったカレーや本格的な味わいのカレーを作るのもいいものです。新たなカレーレシピをマスターでき、いつもとは違った「風味」や「食感」も存分に堪能できますよ。

(木下あやみ)
シェア Google+

関連記事

P R