ホーム エンタメ > AKB48 全メンバー90名ソロ出演CM 放送開始日に全90種を一挙放送

AKB48 全メンバー90名ソロ出演CM 放送開始日に全90種を一挙放送

AKB48・前田敦子(『ワンダ モーニングショット』新CM「メッセージ」編より)

[拡大写真]

AKB48・前田敦子(『ワンダ モーニングショット』新CM「メッセージ」編より)
 人気アイドルグループ・AKB48の全メンバー90名がそれぞれソロ出演する缶コーヒー『ワンダ モーニングショット』(アサヒ飲料)の新CM全90パターンが、放送開始日となる28日に関東・関西・東海地区限定で一挙放送されることが27日、わかった。

 AKB48の全メンバー90名(研究生含む)が同グループ史上初めて同一商品のCMに出演することで、「大所帯がどのように映し出されるのか」と放送前から注目を集めていた同CMシリーズ最新作。その内容は、25日の『ORICON STYLE』既報の通り“全90パターンでメンバー全員がソロ出演”という異例のスケールとなっている。

 今回は「メッセージ」編として展開され、冒頭にメンバー12人の集合カットが映し出された直後に各メンバーがソロで大写しとなり登場。1人1人が等身大の言葉で“日本中の皆さんを元気にするメッセージ”を伝え、同商品のメインターゲットのサラリーマンをはじめ、世の中の人たちに向けて「今日もがんばっていきましょう!」とエールを送る。

 メンバーたちのキャラクターや現在の心境、そして自然体の言葉を最大限に引き出すために、撮影は「演出しないこと」にこだわった。90名の中でトップバッターとしてカメラの前に立ったのは“絶対エース”前田敦子だ。真剣な眼差しをカメラに向け、自分に言い聞かせるかのように発した言葉は「自分に言い訳したくないです。だから…やる」。

 ソロCMはもちろんCM出演自体が初めてのメンバーが多く、本番になると緊張のためから言葉が出なくなってしまうという姿も見られた。研究生の森山さくらは、カメラの前でのどが渇ききってしまい、声がかすれてしまうピンチに見舞われたが、差し出された水を一気に飲み干すと緊張もほぐれたようで元気が回復。はつらつとした様子でメッセージを語った。

 メディア露出が多い柏木由紀も、今回のCM撮影で緊張を隠しきれなかったメンバーの1人。突然「難しいな」とこぼすや否やカメラに背を向け、スタジオの壁に向かって何度も“自分の言葉”を語りかけるという場面もあった。「気楽にいこう」という声がかかるなか、リハーサルを重ねた柏木は無事に撮影を終了。監督からの「OK!」に安堵の笑顔を見せていた。

 AKB48の全メンバーが出演する『ワンダ モーニングショット』新CM「メッセージ」編(全90パターン・各15秒)は28日に全国放送開始。また同日、関東・関西・東海地区限定で全90パターンを一挙放送。CMソングには同グループが歌う「行ってらっしゃい」(発売未定)が起用されている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R