ホーム エンタメ > 西内まりや、人生初ショートヘアに!役作りで髪30センチカット「新たなスタート」

西内まりや、人生初ショートヘアに!役作りで髪30センチカット「新たなスタート」

役作りで髪を30cmカットした西内まりや=映画『レインツリーの国』

[拡大写真]

役作りで髪を30cmカットした西内まりや=映画『レインツリーの国』
 モデルで女優の西内まりや(20)が映画初出演を果たす『レインツリーの国』(2015年秋公開)の役作りのため、長かった髪を30センチカットし、人生初となるショートカットにしていることがこのほど、わかった。「初映画で初ショート。本作品で髪を切ることは、とてもワクワクでした」と貴重な体験を振り返った。

 「新たな西内まりやのスタート。髪を切ったことは自分と向き合うきっかけにもなり、ファッションや気持ちも変わりました」と心境の変化を明かし、「これからまた新しい西内まりやで。そしてもっともっとありのままの私でいようと思っています。よろしくお願いします!」と元気いっぱいに呼びかけている。

 同作は『阪急電車』(2011)『図書館戦争』(2013・2015)シリーズなど、実写化が相次ぐ人気作家・有川浩氏のベストセラーである同名恋愛小説を実写化。Kis-My-Ft2の玉森裕太(24)演じる主人公・向坂伸行が、高校時代に好きだった忘れられない本「フェアリーゲーム」をきっかけに、“レインツリーの国”というブログの管理人であるひとみ(西内)とメールでつながる。しだいに彼女に惹かれていく伸行だが、かたくなに会うのを拒むひとみにはある秘密があった…というストーリー。

 西内のショートカットが披露されるのは、ある秘密のために自分の殻に閉じこもっていたひとみが、伸行と出会って新しい世界へ一歩を踏み出す、という劇中のキーポイントとなるシーン。「今までずっとロングでお仕事をしてきていたので、どんなイメージになるか予想がつかず、緊張感もありました」と不安があったことも告白しつつ、「ロングのひとみは自信もなく内向的。そんなひとみが伸行に出会って少しずつ変わり、ついにショートカットにして気持ちも前向きに。髪を切ったと同時に見える細かな心の変化を感じてもらえたら」と役柄への思いを語った。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R