ホーム グルメ > 思わずパケ買い! 『サロン・デュ・ショコラ』の“胸キュン”チョコ

思わずパケ買い! 『サロン・デュ・ショコラ』の“胸キュン”チョコ

クリストフ・ベルジェ『カップケーキ』(税込3024円) (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

クリストフ・ベルジェ『カップケーキ』(税込3024円) (C)oricon ME inc.
 パリ発チョコレートの祭典『サロン・デュ・ショコラ2015』が21日から、東京・新宿NSビルで開催。日本に支店を持たない有名ブランドが出店されるなど、ファンにはたまらないこのイベント。国内13回目の実施となる今年は世界15ヶ国から約100ブランドが集結するというが、選択肢がたくさんあると逆に迷ってしまいがち。それなら、思わず手に取らずにはいられない“胸キュン”な一品を探してみては? 一足先に会場を巡った編集部員が、イチオシのチョコレートを紹介する。

■ブイエの独創的センスが光る リアルなサングラス型ショコラ

 フランスの気鋭ショコラティエ「セバスチャン・ブイエ」からは、サングラスの形をした『オプティクショコラ ジラフノワール』(税込2484円)が新登場。本格的なケースに入った、スタイリッシュなビジュアルが大人のユーモアと本気を感じさせる一品。もはやブイエの代名詞的存在となった、口紅そっくりの『ルージュアレーブル アムール』(同972円)も10色の展開で、今年も乙女ゴコロを掴んで離さない。

■見た目は小さなカップケーキ 口の中でとろける“大きな”幸せ

 スイスのショコラトリー「クリストフ・ベルジェ」で注目したいのは、何と言っても『カップケーキ』(税込3024円)。高さ約5センチ、一口サイズの小さなビジュアルだが、中にはイチゴのジャム、アーモンド・プラリネ、サブレが繊細な層になってギッシリ。トップ部分は、ヨーグルト風味のホワイトチョコレートガナッシュでさっぱりとした味わいに仕上がっている。

■見て楽しい!食べてウットリ! 女子の大好きがつまった一箱

 南フランスの温かな優しさを感じさせるパティスリー「オクシタニアル」。5種類の四角いショコラがつまった『キャレ』(税込1620円)は、キュートなクマのプリントが目印。ローズマリーが香るはちみつの味、バナナピューレとシナモンのコンビネーションなど、一粒ずつにさまざまな味わいが込められており、口に運ぶたびに新鮮なワクワク感を堪能できそう。

 また、フランスの名店「クリスティーヌ・フェルベール」が手掛ける『タブレットフルール』(同1944円)も見逃せない。ホワイトチョコレートにバラの花びらを大胆に使用したクリエイションは、ハッとするほど美しい。封を開けた瞬間に広がるバラの香りに癒やされること間違いなし。

 かわいいものを眺めているだけでハッピーになれるのは、女子の特権! 今年のバレンタインデーは週末なので、大切な人に贈る以外に、自分への「ご褒美チョコ」を買ってゆったりと過ごしてみるのもいいかもしれない。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R