ホーム エンタメ > “15歳”橋本環奈、歴代最年少で『ジュエリー ベストドレッサー』受賞

“15歳”橋本環奈、歴代最年少で『ジュエリー ベストドレッサー』受賞

『第26回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』表彰式に出席した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『第26回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』表彰式に出席した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・Rev. from DVLの橋本環奈(15)が22日、各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第26回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の10代部門を受賞し、都内で行われた表彰式に出席。橋本は1990年の同賞創設以来、歴代最年少での受賞となった。

 いつもの明るい雰囲気とは一変し、黒のドレスで登壇した橋本は、「歴代最年少の15歳ということで、とても光栄でうれしく思っています」と語ると、会場は橋本の年齢の若さにどよめきの声が上がった。

 最年少受賞となった理由について運営側は、「清純なイメージが“ジュエリーの透明感にぴったり”と大きな支持を得たため」と説明している。

 橋本には、イエローゴールドネックレスが贈られ、「自分にとってのファーストジュエリーを着ける日はいつになるのかと思っていましたが、こうやって身に着けることができてうれしい」と感激。「まだ10代なので受賞を励みに、人として成長したい。ジュエリーの輝きに負けないようにしたい」と笑顔で話した。

 そのほか、20代部門は桐谷美玲(25)、30代部門は深田恭子(32)、40代部門は宮沢りえ(41)、50代部門は片平なぎさ(55)、60代以上の部門は伊藤蘭(60)、男性部門は哀川翔(53)、特別賞の男性部門はフィギュアスケーターの高橋大輔(28)、女性は歌手のMay J.(26)がそれぞれ受賞した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R