ホーム エンタメ > 第一印象は「影が薄い」 乃木坂46・西野七瀬、モデル業成功する?

第一印象は「影が薄い」 乃木坂46・西野七瀬、モデル業成功する?

『non・no』(集英社)の専属モデルに起用された乃木坂46の西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『non・no』(集英社)の専属モデルに起用された乃木坂46の西野七瀬 (C)ORICON NewS inc.
 人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬(20)が、女性ファッション誌『non・no』(集英社)の専属モデルに起用された。11枚目のシングル「命は美しい」(3月18日発売)で3回目のセンターポジションを努め、グループ内でもトップレベルの人気を誇る西野。今後は桐谷美玲(25)、本田翼(22)、大政絢(24)らそうそうたる人気モデルの仲間に加わることになるが、同誌の小林亘編集長が感じた西野の印象とは…?

 1971年に創刊され、長年にわたり10代後半〜20代前半の女性たちから支持されている同誌。杏(28)や菜々緒(26)、佐々木希(27)など、卒業後に女優として活躍しているOGも多い。

 そんな同誌で現在トップを務める小林編集長が、西野に会った時の第一印象は「ちょっと影が薄いな」だったという。しかし、撮影やインタビューが進むにつれ印象は変化。「どんどん輝きが増して、最後は“この子すごいな”と」(小林編集長)。
 
 「おしゃれが大好きで、頑張り屋さんということも分かり、読者に共感を持ってもらえるモデルになると確信し、ノンノに加わって欲しいと思いました」と、専属モデルに起用した。今後は「読者が求めている“似合う、バランスよく見える、さりげなくおしゃれ”を一番体現してくれる存在になってほしい」と期待を寄せている。

 ちなみに、乃木坂46メンバーの専属モデル抜擢は白石麻衣(22)の『Ray』(主婦の友社)、斎藤飛鳥(16)の『CUTiE』(宝島社)に続き3人目。西野は同誌6月号(4月20日発売)より誌面に登場する。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R