ホーム グルメ > L.A.発のスペシャリティコーヒーチェーンが日本初上陸

L.A.発のスペシャリティコーヒーチェーンが日本初上陸

L.A.発のスペシャリティコーヒーチェーンが日本初上陸

[拡大写真]

L.A.発のスペシャリティコーヒーチェーンが日本初上陸
 米・ロサンゼルスに本拠を置く米国最古のスペシャリティコーヒーチェーン「コーヒービーン&ティーリーフ」(CBTL)が、2015年5月に日本橋に日本初上陸を果たす。ハリウッドセレブも愛用するカフェだけに、日本でも話題になりそうだ。

 CBTLは、1963年にロサンゼルスで創業。コーヒー豆の産地とその特徴を活かす焙煎にこだわり、ティーも同様に産地からこだわった豊富なメニューを取り揃える。ロサンゼルスを代表するスペシャリティコーヒーチェーンとして、ハリウッドセレブを始め多くのファンから愛されている。

 これまでCBTLは世界25ヶ国に968店舗(2015年2月末現在)を展開。日本初出店となる東京・日本橋は、伝統と革新が優雅王した歴史のある街であり、江戸時代には日本の道がここから全国に広がったという由緒ある場所。日本全国へおいしいスペシャリティコーヒーを広めたいとの想いから、日本橋に1号店をオープンすることとなった。

 日本橋店では、コーヒー約20種類、ティー約20種類、フローズンドリンク約10種類、フード約30種類を展開する予定。そのほかにもコーヒー豆やティーなどのテイクアウト商品も販売するとしている。

【詳細】
「コーヒービーン&ティーリーフ」
オープン日:2015年5月
所在地:東京都中央区日本橋1丁目3番13号 東京建物日本橋ビル1FB
営業時間:7:00〜22:30(日祝8:00〜21:00)予定
店休日:年中無休予定
席数:約50席(全席禁煙)予定



関連写真

関連リンク

タグ
シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha イチオシ特集