ホーム エンタメ > 約8年ぶりドラマ出演の紗栄子、衣装はすべてセルフコーデ

約8年ぶりドラマ出演の紗栄子、衣装はすべてセルフコーデ

約8年ぶりにドラマ出演が決定した紗栄子

[拡大写真]

約8年ぶりにドラマ出演が決定した紗栄子
 フジテレビ系“月9”ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(10月12日スタート、毎週月曜 後9:00※初回15分拡大)に出演し、約8年ぶりにドラマ復帰を果たすモデルでタレントの紗栄子。主演の石原さとみ演じる英会話講師(桜庭潤子)の同僚、毛利まさこ役を演じる彼女だが、同ドラマで着用する衣装は、すべて自分でスタイリングしているという。

 「この数年間は雑誌に専念してきましたが、子供たちの学校など、今年に入っていろいろと落ち着いてきたので、昔から応援してくださっているファンの皆様の『ドラマに出てほしい』という声にようやく応えることができるようになりました」とドラマ出演を決めた紗栄子。結婚願望が強く、優良企業の名刺を集めるのが趣味というまさこを演じ、潤子たちとのかかわりを通して本当の恋と幸せを見つけていくという役どころとなっている。

 最近は洋服をはじめ下着やコスメをプロデュースするなど、ファッションの分野で活動していた紗栄子だけに、役に合わせてどんなコーディネートを披露してくれるのか、ドラマの見どころのひとつとなりそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R