ホーム ダイエット・ボディケア > 思いついたら即実践 ダイエットに役立つ呼吸法

思いついたら即実践 ダイエットに役立つ呼吸法

ダイエットにもビューティ&メンタルケアにも…深い呼吸がキレイを作るカギに

[拡大写真]

ダイエットにもビューティ&メンタルケアにも…深い呼吸がキレイを作るカギに
 ヨガやピラティス、ストレッチなどでも重要視されている呼吸。運動時以外でも意識的に深い呼吸を行うことで、ダイエットや冷え改善、便秘解消につながるんだとか。心身を美しくする呼吸法について解説。

 サニーヘルス社によると、キレイを作る呼吸のポイントは「深く」「腹式」で行うこと。腹式呼吸は横隔膜と肋骨が動くため、腹筋や内臓を刺激して血行を促進。全身の細胞に酸素が行き渡って基礎代謝が高まり、ダイエット効果が期待できるんだそう。「血行を促進し新鮮な酸素を全身に供給することは、美肌、疲労回復などにも作用します」(同社)。

 特にストレスがかかりやすい仕事中は、交感神経が優位になって呼吸が浅く&早くなりがち。だからこそ、意識的に深い呼吸を取り入れて副交感神経を優位にさせて、心身をリラックス状態に導くことが大切なんだとか。

 リラックス状態へ導くということは、筋肉の緊張がほどけ血流が末端まで届きやすくなるということ。多くの女性が悩む冷え性は自律神経やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどにより血流が悪くなることが大きな原因だけど、深呼吸によって全身の血行が良くなれば、末端まで血が巡って悩ましい冷えも改善するとか。

 深呼吸は思いついた時にいつでも、何回行ってもOK。忙しい女性は常に緊張を強いられることもあり自律神経が乱れやすいため、副交感神経を優位にする時間を定期的に設けることが何よりも大切なんだそう。自律神経のバランスを整えればストレスによる暴飲暴食も減らせるほか、副交感神経の働きが高まることで腸のぜん動運動が活発に。便秘が解消すれば下腹部のラインがスッキリするほか、便秘が原因で起こっていた肌荒れも改善されるメリットも…。

 深呼吸を行う時は肺ではなくおなかに空気を溜めるイメージで鼻からゆっくり息を吸い、口からゆっくり吐き出すこと。ココロもカラダもキレイに導く呼吸法、すぐにでも試してみて。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R