ホーム ヘアスタイル・ヘアアレンジ > 美スタイルを1日中キープ! 雨の日に起こる「髪の広がり」の対処法

美スタイルを1日中キープ! 雨の日に起こる「髪の広がり」の対処法

雨の日のヘアスタイルは悩ましい限り。膨張を防ぐ方法は…?

[拡大写真]

雨の日のヘアスタイルは悩ましい限り。膨張を防ぐ方法は…?
 髪型は見た目を左右する重要なオシャレポイント。とはいえ、雨の日は思うようなスタイルにならず、髪が広がったり浮き毛が目立ったりと散々な状態になることも…。雨の日でも美スタイルをキープするにはどうしたらいいの?

 雨天時に悩ましい髪の膨張。雨の中数分歩いているだけでヘアスタイルが崩れ、“朝の努力”が台無しになり…。そもそも髪は水分を吸収しやすいもの。雨の日の湿気を髪が吸い込み、広がってしまうんだそう。

 特に髪が傷んでいる人、ケラチンが流出して髪内部がスカスカになっているダメージヘアの人、もともと内部で保持する水分量が均一ではないくせ毛の人は、健康な髪の人と比べると膨張やうねりが強く出てしまう傾向にあるんだとか。

 原因が水分なので、ドライヤーで髪を乾燥させ、髪内部の水分量を適切に戻すことがなによりも有効な解決法。とはいえ、雨が降るたびにドライヤーを持ち歩くわけにもいかないので、外出する前に「必要以上に水分が入り込まないためのケア」を行っておきたいところ。

 もっとも手軽な方法はヘアオイルやワックスなどを使って髪の表面を保護し、内部に余分な水分が入り込まないようにすること。そのほか、髪の根元付近をしっかり乾かすことも膨張を予防の重要ポイントに。

髪の水分量コントロールは難しく、髪質やダメージ度合いによっては防ぎきれないもの。どうしても髪が膨張してしまう人はまとめ髪でスタイリッシュにキメてみたり、多少髪が膨らんでしまってもオシャレに仕上がるヘアスタイルを探すなどしてみて。



関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ