ホーム ダイエット・ボディケア > 本当は何をしているの? ファッションモデルたちのダイエット事情

本当は何をしているの? ファッションモデルたちのダイエット事情

モデルたちが実践しているダイエット法って…?

[拡大写真]

モデルたちが実践しているダイエット法って…?
 スレンダーボディのファッションモデルたち。その美ボディを維持しているその裏では、多くの我慢や努力があるのでは…?と思っている人も多いはず。ダイエット意識が高まるこれからの季節、ORICON STYLE elthaの美容連載企画『美女賢磨』で数々のモデルたちに聞いた、それぞれのダイエット法についてご紹介。

 スキンケアやボディケア、食事など、人気モデルたちが実際に実践している美容習慣を1ヶ月かけて掘り下げていく『美女賢磨』。この連載企画で決まって聞いているのが“体型維持の秘密”で、これまで登場してくれたモデルたちに同じ質問をぶつけてきた。

 モデルだって一人の人間。何もしなければ体型維持は難しく、SHIHOさんは「出産直後は体型も元に戻ったし、授乳をしている影響もあって太らなかったんですが、授乳を終えてから仕事と子育て中心で自分のケアを怠っていたら、見事に下っ腹が出て二の腕と顔がたるんできて…」と過去を告白。菅井悦子さんも「もともと食が細かったこともあるのですが、体重を増やしたくない一心で、食べることをいつもセーブしていたんです。普段の食事量も『鳥のエサ?』というぐらい少なかったし、2〜3日間断食をすることもありました」と若い頃を振り返る。

 そんな彼女たちが健康的なボディラインを取り戻したきっかけは、ヨガやピラティス、ジムなど、身体を動かすスポーツが多数。スポーツジムに7年間通い続けているというエミ・レナータさんは「テンションが上がらないときは、気分が上がる音楽を聞いたり、スーパーモデルのブログを見て『このボディを作るためにこの人たちも頑張っているんだから』と自分を奮起させています」と“続けるコツ”について語る。

 また、「興味があったから」という気持ちもポイントのよう。ピラティスの鈴木サチさん、ヨガのSHIHOさんや菅井悦子さんは好奇心からスタートし、今ではインストラクターの資格を所持するほどに。食事についても同様で、AYUMIさんはローフードマイスターやジュニアフードマイスターの資格を取得し、美と健康に役立てている。

 多くの女性がやりがちな“食事量のコントロール”という意見は少なく、話題のクレンズダイエットも「胃を休めるという意味で、1日のうち1食を置き換える方法が私には合っていました」(鈴木サチ)と言うように、無理のない取り入れ方をしているよう。また、食事についてみなさんが共通して語る言葉は“無理をしない”ということ。

 「元気になるため、美しくなるために食べるという意識を持って、食べたいものをバランスよく、適量食べるのが大切で、それは100%ヘルシーな食事じゃなくていいんです。むしろ、その方が長続きして良い食生活が送れるはずです」(エミ・レナータ)。

  “やらなければいけない”と考えると気分が上がりにくいダイエット。無理な食事制限や義務感で行う運動よりも、楽しみながら続けられる“美を磨く趣味”を探してみると良いのかもしれない。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R