ホーム ダイエット・ボディケア > 「食べたいものは我慢しない」 高垣麗子美の美を支える食事法

「食べたいものは我慢しない」 高垣麗子美の美を支える食事法

「健康であることが美容にもつながる」と考えていると語ったモデルの高垣麗子

[拡大写真]

「健康であることが美容にもつながる」と考えていると語ったモデルの高垣麗子
 モデルとしてはもちろん、アクセサリーブランド・CISOLASSEのプロデューサーとしても活躍している高垣麗子が先ごろ、ORICON STYLE elthaの取材に応じ、モデルとして美しい体型を維持している日々の食事法を語った。職業柄いろいろ制限をしていると思いきや、意外にも「食べたいものは我慢しない」というスタイルを続けているのだとか。そう考えるきっかけについて聞いた。

 今は「健康であることが美容にもつながる」と考えているが、そう考えられるようになったのは20代後半になってから。10代からモデルとして常に第一線で活躍し続けている間には、さまざまなダイエットをした時期もあった。「当時のモデルは、今のような“健康的な細さ”ではなく、細ければ細いほど良いと言われていました。一緒に撮影するモデル友達が全員細く見えて」。

 炭水化物抜きダイエット、シャングリラダイエット…。周囲を見渡すほど不安になり、無理なダイエットを行っていたこともあった。「もちろん体重は一瞬落ちましたけど、精神的にも辛いしやっぱり続かないんです。それに風邪も引きやすく、冷え性になったこともありました。そのような経験から、頑張りすぎないバランスのよい食生活を心がけるようになりました」。

 今、普段の食事に取り入れているのは「キムチ、味噌、ヨーグルトなどの発酵食品は毎日必ず何か食べる」事と「旬の食材を食べる」事など。和食にもハマっているそうで「塩分が高くならないように気をつければ、発酵食品も旬のお野菜もおいしくいただけるし、大切な糖質もお米から取れます」と笑顔を見せる。

 「心身ともに健康であるには、たまには自分を甘やかすことも大切かな」と語る。その考え方で生まれた“オトナ女性としての心のゆとり”が、彼女の美を支えているようだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R