ホーム エンタメ > 上田まりえ、婚約を生報告 社会人野球投手と2月結婚へ「どんな球も受け止めてくれる人」

上田まりえ、婚約を生報告 社会人野球投手と2月結婚へ「どんな球も受け止めてくれる人」

上田まりえ (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

上田まりえ (C)ORICON NewS inc.
 元日本テレビアナウンサーでタレントの上田まりえ(30)が22日、番組アシスタントを務めるTOKYO MX『5時に夢中!』(月〜金 後5:00)に生出演。同日、社会人野球・トヨタ自動車の竹内大助投手(26)と結婚間近と報じられていたが、番組冒頭、来年2月にも結婚する予定であることを自ら報告した。

 報道では、上田は日テレ入社2年目の2010年春、当時慶大の学生だった竹内投手と友人を介して知り合い交際に発展。約3年間付き合った後一度破局したが、今年10月に復縁し結婚を決意したと報じられていた。この日更新したツイッターでは同番組の年内最後の放送を告知するとともに、ハッシュタグで「#黙っててごめんなさい」とコメントしていた。

 番組冒頭で、結婚を報じられたスポーツ紙の記事と共にこの話題がとりあげられると、ふかわりょうら番組出演者から花束で祝福。お相手については「ピッチャーをやっているんですけど、人間的にはキャッチャーのような、私がどんな球を投げても受け止めてくれる人」とさっそくのろけた。一度破局した後、竹内投手が3年半もの間、誰とも交際せずに上田のことを思っていたとの報道には、共演者一同が驚きを隠せない様子だった。

 互いに“(「まりえ」ではなく)まりこ” “だいちゃん”と呼び合っていることも告白し、幸せいっぱいな表情の上田。結婚にむけては「いろんなことを今決めているところで、皆さんにまだきちんんとご報告できる段階ではなかったのですが。ただ、2月くらいに結婚することを目標に進めているところです」と説明。結婚後に番組を“寿退社”かと水を向けられると「皆さんが許してくださるなら1日でも長く(番組にいたい)」と訴えていた。

 プロポーズについては「厳密に言うとまだされていなくて…。“それなりに幸せにする”という言葉はもらった」と告白。上田から婚約指輪もいらないと相手に伝えていることが明かされると「プロポーズもされていなくて、一人芝居じゃ…」との声があがり、スタジオは笑いに包まれた。

 上田は2009年に日本テレビ入社。同局では『PON!』(月〜木 前10:25)などの人気番組を担当した。今年1月に同局を退職しタレントに転身している。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R