ホーム インテリア・雑貨 > 高まるハンドメイド人気 世界最大級“手作りホビー”の祭典開催

高まるハンドメイド人気 世界最大級“手作りホビー”の祭典開催

貼ると柄だけが立体的に浮き出て見えるテープ『スコッチ @(あっと)!テープ』 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

貼ると柄だけが立体的に浮き出て見えるテープ『スコッチ @(あっと)!テープ』 (C)oricon ME inc.
 毎年13〜14万人が来場する、世界最大級のハンドメイドイベント「第41回 2017 日本ホビーショー」が東京・ビッグサイトで開催され、今年も大きな賑わいをみせた。アクセサリーをはじめ、さまざまなハンドメイド用品が展示されるなか、文具や写真をデコレーションする女性たちの熱い視線が注がれていた「ステーショナリーブース」を取材した。

 「Scotch(スコッチ)」のブースでは、貼ると柄だけが立体的に浮き出て見えるテープ『スコッチ @(あっと)!テープ』を使って、封筒やメッセージカードなどがデコれるワークショップが開催され、大勢の女性たちが集結。アイス柄やマカロン柄などカラフルでかわいらしいテープは多種多様あり、選ぶのに悩んでしまうほど。自分のアイデア次第でいかようにもデコレーションできるとあって、訪れた女性たちも試行錯誤しながら楽しんでいた。

 紙だけでなくガラスなど、さまざまなものに貼ることができる汎用性の高さが魅力の同テープ。ちょっとしたギフトのラッピングや、はがれにくいという特長を生かし、手紙の封かんにも使えるのも嬉しいところ。ブースの一角には、スマホケースやガラス瓶にデコレーションした作品も飾られ、マネしたいアイデアが盛りだくさん。

 スマホで撮り貯めた写真をかわいくスクラップしたいけれど、どうやったらいいのかわからないという人にオススメなのが「かわいいアルバム屋さん」のアルバムキット。使う材料が全部そろったキットになっているので、作り方にそってパーツを組み合わせ、写真を貼るだけという手軽さが魅力。約100種類もあるというキットは、A4サイズから卓上サイズまであり、ポップなものからエレガントなものまで多種多様なデザインを取り揃える。絵本風にしてみたりと、手軽に写真を残すコミュニケーションツールとしても人気なんだとか。

 アメリカに本社がある「パンチバンチジャパン」のブースには、黄色のパンチングがずらり。8種のサイズ、柄はなんと600種もあるという型抜きパンチは、簡単に誰でもできる手軽さが人気。紙を型に合わせて切り抜き、メッセージカードなどの飾りつけに使うだけかと思いきや、型抜いた紙を立体的に組み合わせ、まるで本物の花のようにデコレーションすることも。色の組み合わせやデザインなど、想像力がみなぎる作品はもはやアートの世界といえそう。

 そのほかにもさまざまなブースが立ち並び、大盛況となった同イベント。ちょっとしたひと手間でオリジナルアイテムが作れるとあって、ハンドメイドを楽しめるコツが盛りだくさん。お手軽アイテムを使って、自分ならではのデコレーションを楽しんでみては。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R