ホーム エンタメ > 高橋メアリージュン、子宮頸がん罹患していた 現在は克服、著書で初告白

高橋メアリージュン、子宮頸がん罹患していた 現在は克服、著書で初告白

著書『Difficult? Yes. Impossible? …NO.』で子宮頸がんだったことを告白した高橋メアリージュン (撮影/杉田裕一)

[拡大写真]

著書『Difficult? Yes. Impossible? …NO.』で子宮頸がんだったことを告白した高橋メアリージュン (撮影/杉田裕一)
 女優の高橋メアリージュン(30)が、22日発売の著書『Difficult? Yes. Impossible? …NO. わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして』(KKベストセラーズ)で、29歳の時に子宮頸がんに罹患していたことを初告白した。現在は克服しているが、自身の経験をきっかけに女性に子宮頸がん検診へ行ってほしいという思いで、包み隠さず本書を書き記した。

 高橋は2016年秋、少しだけ体調に異変を感じ近所の婦人科へ診察に行った際に「ひとつ安心の担保を手に入れよう」という気持ちで、子宮頸がん検査を受診。29歳の誕生日の11月8日に検査結果を聞きに行ったところ、医師から「検査の結果、がんが見つかりました」と告げられた。転移していれば「抗がん剤治療」もしくは「子宮摘出」を考えなければいけない。「抗がん剤は高いと聞く。子宮を残したい」。その思いは彼女の感情を揺さぶった。

 本書では、その時の率直な心境や病気に真正面から立ち向かう決意、克服後にも残る不安への向かい方、病気を公表することで周囲から気遣いさせてしまうことへの心配など、率直な思いをストレートな言葉で表現。また、2013年に経験した潰瘍性大腸炎の苦労や、中学1年生の時に家業が倒産し今でも家族の借金を返済し続けていること、モデル時代に仲間から誕生日パーティーに誘われてもプレゼント代がなかったため参加を断っていたエピソードなど、これまでの半生を振り返りながら「幸せな未来を生きるメッセージ」を文章に託して伝えている。

 なお、タイトルは直訳すると「それは難しいこと? はい。それは、不可能? いいえ」。彼女がひどく落ち込む時に知り「ガツンと心に響きました」という言葉で、困難ではあったが不可能ではなかった過去を少しずつ乗り越えて、一歩ずつ理想に近づきたい思いをストレートに表している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R