ホーム エンタメ > 杏、第3子出産後初公の場で子育て語る「紙を持っていると破られちゃう」

杏、第3子出産後初公の場で子育て語る「紙を持っていると破られちゃう」

第3子出産後初公の場に登場した杏 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

第3子出産後初公の場に登場した杏 (C)ORICON NewS inc.
 女優の杏(31)が25日、都内でJ-WAVE『BOOK BAR』の書籍発売記念公開収録に出演。昨年11月、俳優の東出昌大(30)との間に第3子男児が誕生後、初めて公の場に登場し、子育てについて語った。

 杏と東出は2015年元日に結婚。翌16年5月に双子の女児を出産している杏は3児のママ。読書家でも知られる杏は、現在も週に1冊のペースで読んでいることを明かし、「以前に比べると時間を作るのは難しいですが、最近は携帯のアプリでダウンロードしています。子どもたちが寝て、部屋が真っ暗になっても読める。紙の本も読んでいますが、今は紙を持っていると破られちゃうので」と苦笑した。

 「『絵本を読んで』って持ってきてくれることもあるので、読んだりします」と語り、「今年は東京にも雪が降ったので、楽しく雪遊びもしました」とにっこり。一緒に番組のナビゲーターを務める大倉眞一郎(60)は、女優としても母親としても多忙な杏に「どこで本を読む時間を作っているのか謎です」と首を傾げつつ感心していた。

 また、2016年に公開された初主演映画『オケ老人!」で共演した俳優の左とん平さん(享年80)が24日、心不全のため亡くなったことについて聞かれると「まだ実感がないです。すごくかわいがってくださった。年の差何十歳あるんだろうって中でも、映画の中でみなさん和気あいあいとして、リラックスさせてもらいました」と偲んだ。

 21日に急死した大杉漣さん(享年66)とは親子役で共演したことがあり、「去年ごはんを食べに行った先に偶然いらっしゃって、『久しぶりだね』と声をかけていただきました」と振り返った。訃報は報道で知ったといい「1回親子役をやると親しみがあるので、まだ信じられないです」と沈痛な面持ちで語った。

 杏と大倉がナビゲーターを務める『BOOK BAR』は、番組発の書籍『BOOK BAR お好みの本、あります。』の発売を記念し、初の公開収録を実施した。この日の模様は、3月3日午後10時から放送される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R