ホーム グルメ > ナイフとフォークで食べる“生”チョコパイ専門店 1年間限定オープン

ナイフとフォークで食べる“生”チョコパイ専門店 1年間限定オープン

専門店で販売される『“生” チョコパイ』イメージ

[拡大写真]

専門店で販売される『“生” チョコパイ』イメージ
 ロッテは、まるでケーキのように“生”テイストに仕上げた『“生” チョコパイ』の専門店を4月19日からの1年間限定で、京王百貨店・新宿店にオープンする。商品はいずれもパティシエ・鎧塚俊彦が監修。テイクアウトのみで販売する。

 『“生” チョコパイ』は、厳選した素材と濃厚さにこだわり、ケーキのような生品質に仕立てた新商品。「Toshi Yoroizuka(トシ・ヨロイヅカ)」のオーナーシェフ・鎧塚俊彦が監修し、消費期限が2日という、本格的な生品質にこだわった。

 味は、まるごと苺とピスタチオで仕上げた「FRAISIER(フレジェ)」、宇治抹茶と焙煎くるみで仕上げた「UJI MATCHA(宇治抹茶)」、中煎りモカコーヒーと自家焙煎のマカダミアナッツで仕上げた「ETHIOPIA MOCHA(エチオピア モカ)」、ラム酒とカリフォルニア産レーズンを漬け込んだ自家製ラムレーズンで仕上げた「BABA(ババ)」の4種類。

 販売は、京王百貨店・新宿店(住所:東京都新宿区西新宿)の中地階・菓子売場にオープンする専門店のみ。今までの『チョコパイ』とはひと味違い、ナイフとフォークで食べる、少し贅沢なチョコパイ。この機会に味わってみては。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R