ホーム エンタメ > けやき坂46・高瀬愛奈&東村芽依、関西出身コンビが息の合ったポーズ&トーク

けやき坂46・高瀬愛奈&東村芽依、関西出身コンビが息の合ったポーズ&トーク

『週刊ヤングマガジン』第19号に登場したけやき坂46・高瀬愛奈(左)と東村芽依(C)藤本和典/ヤングマガジン

[拡大写真]

『週刊ヤングマガジン』第19号に登場したけやき坂46・高瀬愛奈(左)と東村芽依(C)藤本和典/ヤングマガジン
 人気アイドルグループ・欅坂46の後輩グループ・けやき坂46(ひらがなけやき)の高瀬愛奈(19)と東村芽依(19)が、9日発売の『週刊ヤングマガジン』第19号(講談社)の巻末グラビアに登場。関西出身コンビが息の合ったポーズを披露した。

 2人が登場したのは、同グループの月イチ連載ペアグラビア「けやきのおふたりさん」。欅坂46の4thシングル「不協和音」に収録された特典映像のひらがなけやきのペアミュージックビデオの撮影現場を“聖地巡礼”していく。

 高瀬と東村は、1年ぶりに東京タワーを訪問。対談では奈良出身の高瀬と大阪出身の東村が関西出身同士のテンポの良いトークが繰り広げ、東京で感じたことやお互いの印象などを語り合っている。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには現役ナースでコスプレイヤーの桃月なしこ(22)が登場。今年のグラビアシーンを大いに盛り上げている最旬美女が、初めての表紙ですべてを解放した。

 同号の巻頭カラー漫画は『小林少年と不逞の怪人』(上条明峰)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R