ホーム グルメ > 世界12ヶ国80種類以上のビールが味わえる『ヒビヤガーデン2018』

世界12ヶ国80種類以上のビールが味わえる『ヒビヤガーデン2018』

5月18日から27日までの期間限定開催『ヒビヤガーデン2018』

[拡大写真]

5月18日から27日までの期間限定開催『ヒビヤガーデン2018』
 東京・日比谷公園噴水広場では、5月18日から27日までの期間限定で『ヒビヤガーデン2018』を開催。昨年は約10万人が参加した、日本最大級のビアガーデン。今年は、緑に囲まれた気持ちのいい空間に約2000席が設けられる。

 会場で味わえるビールは、ドイツ、ベルギー、チェコ、イギリス、スコットランド、フランス、アメリカや日本のクラフトビールなど、12ヶ国80種類以上。中でも、イギリスで人気のクラフトビールやオーストラリアの品評会で数々の賞を受賞したビールなど、日本初上陸やイベント初登場の銘柄が目玉として登場する。

 フードは、100種類以上がラインナップ。フランスの伝統料理「牛肉の赤ワイン煮」などの本格的なものから、スモークした合鴨をクロワッサンに挟んだ「合鴨のパストラミ クロワッサンサンド」などの軽食、ワニ肉を使った「ワニ&チップス」やシカ肉を使った「ジビエメンチカツ」などの変り種まで、ビールをよりおいしく味わうための料理が揃う。

 入場料は無料で、ビールやフード購入時に支払うシステム。会場内は、ロックやジャズ、ワールドミュージックなど、生パフォーマンスによるBGMが流れ、贅沢な空間でビールと料理が堪能できる。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R