ホーム エンタメ > 鈴木砂羽、コミックエッセイ発売に感慨「夢がかなってうれしい」

鈴木砂羽、コミックエッセイ発売に感慨「夢がかなってうれしい」

コミックエッセイ発売に感慨の鈴木砂羽=コミックエッセイ『ボンちゃんがいく☆』刊行記念サイン会 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

コミックエッセイ発売に感慨の鈴木砂羽=コミックエッセイ『ボンちゃんがいく☆』刊行記念サイン会 (C)ORICON NewS inc.
 女優の鈴木砂羽(45)が7日、都内で自身初のコミックエッセイ『ボンちゃんがいく☆』(集英社)刊行記念サイン会を開催。ベレー帽にメガネの“漫画家”スタイルで登場し、「夢がかなってうれしいです」と喜んだ。

 女優25周年を記念して刊行した同書は、『YOUNG YOU』(集英社)『YOU』(同)での連載からの選り抜きに、描き下ろし漫画と最新エッセイを加えたほか、鈴木が敬愛する漫画家・江口寿史氏との対談&スケッチ対決などを収録。鈴木本人が「言いたいことがいっぱいあったんですかね」と苦笑するほど細かく書き込まれている。

 「子どもの頃から漫画家に憧れていた」という鈴木は、「1冊になるなんてうれしいです。装丁のデザインも考えたり、丸ごと私が詰まっている本」と満足げ。連載中には「友達や付き合っていた彼氏、お母さんや役者仲間にもちょいちょい手伝ってもらっていた。ベタ貼ってとか」と明かし、「彼氏やお母さんとか近い人には『なんではみ出しているの』って言ったり。思い出が詰まっています」と懐かしんでいた。

 同書を手に25年間を振り返り、「改めて、私いろんなことやったな、これからもいろんなことやるんだろうなって思います」としみじみ。「ものを作ることが本当に好きなので、次の私は新しく何かを作り出す仕事をしたい」と目を輝かせた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R