ホーム ファッション > 安室奈美恵、18年目でラストの『MORE』カバーはとびきりのスマイル

安室奈美恵、18年目でラストの『MORE』カバーはとびきりのスマイル

『MORE』8月号の表紙を飾った安室奈美恵【通常版】 (C)MORE2018年8月号/集英社

[拡大写真]

『MORE』8月号の表紙を飾った安室奈美恵【通常版】 (C)MORE2018年8月号/集英社
 9月16日で引退する歌手の安室奈美恵(40)が、28日発売の女性ファッション誌『MORE』8月号(集英社)の表紙に登場することが、わかった。同誌創刊41年の歴史の中で、20代、30代、40代と3つの年代にわたって表紙を飾ったのは、安室が初めてとなる。

 安室が同誌の表紙を初めて飾ったのは、2000年3月号。18年という期間にわたって表紙を飾り続けたのも最長記録となる。時代の顔となる旬の女優や歌手が登場する女性誌の表紙において、これほど長期間も表紙に起用され続けるのは、常に安室が女性たちから支持を集めてきた何よりの結果である。

 同号は通常版とコンパクト版が発売。通常版はアップのカット、コンパクト版はイエローのドレスをまとったカットが採用され、どちらもとびきりの笑顔が印象的な表紙になっている。

 表紙だけではなく、12ページの特集も掲載。撮り下ろしカットやインタビューのほか、『MORE』過去の表紙や特集写真も再録し、安室ファンには永久保存版の内容となる。

 同号にはそのほか、KAT-TUNのインタビュー特集や、映画『虹色デイズ』に出演する佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星の座談会なども掲載する。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R