ホーム エンタメ > 松本穂香、初フォトブックで「私の中の知らない私を解放」注目女優の素顔が全公開

松本穂香、初フォトブックで「私の中の知らない私を解放」注目女優の素顔が全公開

フォトブック『Pop Negative』の発売が決定した松本穂香 撮影:丸谷嘉長

[拡大写真]

フォトブック『Pop Negative』の発売が決定した松本穂香 撮影:丸谷嘉長
 15日スタートのTBS系日曜劇場『この世界の片隅に』(毎週日曜 後9:00)でヒロイン・すずを演じる女優の松本穂香(21)が、9月13日に1stフォトブック『Negative Pop』(集英社)を発売することが決定した。世間の注目を集める新進女優が、その素顔のすべてをさらけ出す。

 昨年放送のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の澄子役でブレイクした松本は、約3000人のオーディションを勝ち抜き、7月スタートのTBS系連続ドラマ『この世界の片隅に』でヒロイン・すず役に大抜てき。そのほか今年は4本の映画に出演、auのCM「意識高すぎ!高杉君」でも存在感を発揮するなど、いま最も注目を集める女優へと成長した。

 本作は、写真家の丸谷嘉長氏のサイトで1年間にわたり月1回配信されたシリーズのカットをまとめたもの。日常の風景の中に佇みながらも、圧倒的な存在感を放つ松本の強い個性が鮮やかにあふれ出している。「根暗な女の子」だったと語る10代から、演技という表現手段を得て、「ポジティブ」を手に入れた松本。その中心にある「ネガティブ」とそれを包む「ポップ」といういま表現できるすべてが詰まった一冊となった。

 松本は「私にいろいろなことを教えてくれた、大好きな『Negative Pop』が自分の初めてのフォトブックになると聞いて、本当に幸せな思いでいっぱいです」と感無量。撮影していた1年間を「自分の中の影や光、汚いもの、言葉では言い表せない何かと向き合う時間でした」と振り返り、「私の中の知らない私を解放させてくれた写真をぜひたくさんの方に見ていただきたいです」と呼びかけている。

 誌面には、さまざまなクリエイターたちの視点から見た松本穂香を語るコメントや、彼女の内面を解き明かす自身のコラムも収録。ブレイク寸前の松本穂香の入門編に欠かせない作品となりそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R