ホーム エンタメ > 押切もえに“肩書”質問 阿川佐和子氏がズバリ「一番給料がいいものが職業」

押切もえに“肩書”質問 阿川佐和子氏がズバリ「一番給料がいいものが職業」

『押切もえ×阿川佐和子 聞く力 in カラダ』トークイベントに出席した(左から)阿川佐和子、押切もえ (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『押切もえ×阿川佐和子 聞く力 in カラダ』トークイベントに出席した(左から)阿川佐和子、押切もえ (C)ORICON NewS inc.
 モデルで作家の押切もえ(38)が11日、都内で著書『永遠とは違う一日』(新潮社)文庫化記念イベント『押切もえ×阿川佐和子 聞く力 in カラダ』を開催。2005年にテレビ番組で共演して以来、姉妹のように仲が良い作家の阿川佐和子氏(64)をゲストに招いてのトークイベントとなったが、囲み取材ではそれぞれの肩書に関する話題で盛り上がりを見せた。

 モデル、作家のほかに二科展にも3度入選するなどアートへの造詣が深い押切に、報道陣から「今の肩書は何になるのでしょうか?」との質問が。押切が「モデルと文筆業をやらせていただいていて、絵は趣味ですので」と謙そんすると、阿川氏が「その月で一番給料がいいものを職業にしたらいい。私、先月は物書きだった」とシンプルなアドバイスを送って笑いを誘った。

 阿川氏からのストレートな助言に、押切は「憧れですね。私も阿川さんスタイルでいきたいです。それでいうと、今月は家事と育児になっちゃいますけど」とにっこり。今回の文庫化にあたって、加筆・修正を行ったといい「テーマは変わらないんですけど、小さい言い回しとかが気になったり、出産のシーンは想像で書いていたのですが、そのあとに実際に経験したので…。(子どもの)お昼寝のサイクルとかを読んで、眠気の波がくるはずって時間を見て、書いていましたね」と奮闘ぶりを明かしていた。

 文芸誌デビュー作となった同書は、文芸誌『小説新潮』に1年にわたって掲載された6本の短編がひとつのストーリーに連なっていく物語。『第29回山本周五郎賞』にノミネートされたことでも話題となった。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R