ホーム エンタメ > インリン、ママになり“セクシー封印”「本当は着たいけど…」

インリン、ママになり“セクシー封印”「本当は着たいけど…」

網タイツ姿で変わらぬスタイルを披露したインリン=『東京ゲームショウ2018 セガゲームステージ』 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

網タイツ姿で変わらぬスタイルを披露したインリン=『東京ゲームショウ2018 セガゲームステージ』 (C)ORICON NewS inc.
 タレントのインリン(42)が20日、千葉・幕張メッセで開催された『東京ゲームショウ2018 セガゲームステージ』に登壇。網タイツ姿で変わらぬスタイルを披露すると「こういう格好は久しぶりですね」と茶目っ気たっぷりに笑った。

 インリンは、2008年に一般男性と結婚。16年に所属事務所を台湾の「英里有限公司(EILI.Co,.Ltd)」に移籍し、「インリン」に改名。現在は、3人の子育てをしながらタレント活動を続けている。

 ママになり「だいぶ変わりました」といい「本当は(セクシーな服も)着たいけど、落ち着いた服を心がけてます。ちょっと肌が出ると『いけない!』って思うようになりました。子どもに『セクシーって何?』って聞かれても困るから…」と告白。この日は、久々に美脚を披露して楽しんでいた。

 同ステージでは、プレイステーション4&プレイステーション Vita用ソフト『キャサリン・フルボディ』(来年2月14日発売)をPR。美女3人に翻弄される主人公を描いたアクションパズルADVゲームになぞらえて、過去の“修羅場体験”を問われたインリンは「過去の恋人に首を絞められたことがある。束縛のすごい人でした」と明かし、驚かせていた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R