ホーム エンタメ > 『乃木撮』“別次元の大ヒット”で4度目重版 売れ行き好調で累計31万部を突破

『乃木撮』“別次元の大ヒット”で4度目重版 売れ行き好調で累計31万部を突破

『乃木撮』が発行部数31万部を突破 【自撮りする秋元真夏と白石麻衣(撮影/秋元真夏)】

[拡大写真]

『乃木撮』が発行部数31万部を突破 【自撮りする秋元真夏と白石麻衣(撮影/秋元真夏)】
 6月に発売された人気アイドルグループ・乃木坂46のオフショット写真集『乃木撮<のぎさつ>VOL.01』(講談社)が、4度目となる重版で1万部を増刷することを決定し、累計発行部数が31万部を突破したことが、わかった。

 本作は、昨年2月から『FRIDAY』でスタートした連載をまとめたもので、すべてコメント付きで合計600カット以上を掲載。初版20万部という異例の大規模でスタートを切ったが、予約段階から注目を集め発売前から2度の重版を繰り返した。週間売上は18.2万部を記録し、7/9付オリコンBOOKランキングの1位を獲得。同ランキング「写真集ジャンル」の初週売上記録で歴代最高を更新する快挙を成し遂げた。

 その後も現在に至るまで15週間にわたって写真集ランキングのTOP5をキープし続けるロングセールスを記録。最新ランキングでは累計売上を29.7万部まで伸ばし、市場の品薄状態を解消するために4度目の重版が行われることになった。

 ヒットの要因は、メンバー同士だからこそ撮れた“素の表情”。日本で一番かわいい楽屋と言われる乃木坂46の舞台裏を覗ける内容が支持され、発売後はクチコミで高評価が広がり、セールスを伸ばしている。また、本作公式ツイッター【@nogisatsu】による積極的な事前カット公開など、ファンを巻き込んだ戦略もヒットを支えている。

 講談社の販売担当者も「1万部でヒットと言われる写真集市場で、30万部超えはもはや別次元の大ヒットです」と天井知らずの売れ行きに驚きの声を上げている。重版を記念し、写真集未収録の白石麻衣秋元真夏松村沙友理の秘蔵カットが公開された。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R