ホーム エンタメ > 藤本美貴、夫・庄司の「ミキティ」芸に感謝 9年ぶり2ショット会見で憎き週刊誌も「今や味方」

藤本美貴、夫・庄司の「ミキティ」芸に感謝 9年ぶり2ショット会見で憎き週刊誌も「今や味方」

『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2018』を受賞した庄司智春・藤本美貴夫妻 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2018』を受賞した庄司智春・藤本美貴夫妻 (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春(42)、タレントの藤本美貴(33)夫妻、俳優の陣内孝則(60)、恵理子(55)夫妻が12日、理想の有名人夫婦に贈られる『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2018』を受賞し、都内で行われた授賞式に出席した。

 同賞は毎年、理想の夫婦・カップルにふさわしい2人をネットで公募し、得票数と社会背景を基に選出。2009年に結婚した庄司&藤本夫妻も9年ぶりの共演でお互いに感謝の思いを語った。

 庄司は「まだ、ドッキリだと思っている。どこかで陣内さんがキレ出すんじゃ。まだ信用できない」と半信半疑も「うれしいですね」と喜びを爆発させた。そして藤本のことを「めちゃめちゃかわいい」ときっぱり。その勢いに会場が少し引いたが「こんな空気になってもいい。僕は本当にかわいいと思っているんで」とのろけていた。

 交際に発展した当初、モーニング娘。を脱退させるという結果に。「奥さんの話をしたら叩かれた」という時代もあったが「この前のライブのときにファンの方が『ミキティ』コールじゃなくて『庄司』コールをしてくれるまでになった。ネットでは『許してやろう。同じ女を愛した男だから』と。ファンの人とも交流を持てるようになった」と妻のファンにも感謝していた。

 一方の藤本は週刊誌との独特な関係を語った。「今まで敵だった週刊誌の方を今や味方だと思っている。詮索しなくても、勝手にどこか行ったら撮っていただけると思っている」とニヤリ。「今までは『クソっ、撮られた』と思っていましたけど」と笑いつつ「私が詮索するよりも大きな力がある」と絶大な信頼を置いていた。それも強固な関係性があるから。「さっきもかわいいとか言ってくれましたけど、しっかりと愛情表現をしてくれる。これからも愛してもらおうかな」と幸せな笑顔を見せていた。

 庄司の「ミキティ」芸については「一時期、ミキティという名前が違う人のところに行っていたんですけど、旦那が叫んでくれることで『ミキティ』の名が戻ってきた。よかったかな」とにっこり。「芸名もそれ(ミキティ)にしようかなって思うぐらいです」と感謝しきりだった。

 囲み取材でも愛の深さが見えた。庄司は「このお話をいただいたとき『信じられないね』って話をしていた。この賞があれば夫婦関でケンカしても『俺たちはいい夫婦なんだぞ』って交渉もできる。ありがたいですよ」としみじみ。「マイペースで10年間、生活してきた。そういうところを選んでくれたのかな」と受賞理由を考えていた。

 また、9年ぶりの共演となったことについて庄司は「シチューも洗剤のCMも僕に似ている人が出てる。(共演は)ないんですよ」と苦笑いし「楽屋の居心地が悪かった」とぼやいた。藤本は「変な緊張感から、きのう、あんまり眠れなかった」と振り返っていた。

 過去には離婚しそうな夫婦ランキング2位に選ばれたが、今も周囲が驚くほどのラブラブっぷり。普段は美貴ちゃんと呼んでいるそうで、この日も何度となく披露した「ミキティ」は「ビジネスです」と明かし、笑わせた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R