ホーム エンタメ > 乃木坂46井上小百合、「最初で最後」の写真集は100点 命がけの撮影秘話も

乃木坂46井上小百合、「最初で最後」の写真集は100点 命がけの撮影秘話も

写真集の撮影エピソードを語った井上小百合(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

写真集の撮影エピソードを語った井上小百合(C)ORICON NewS inc.
 人気アイドルグループ・乃木坂46井上小百合(24)が14日、1st写真集『存在』発売記念お渡し会を開催。水着や下着といった大胆なカットにも挑戦しているが「(恥ずかしさは)すごくありました。『乃木坂工事中』という番組の中で、7年目にかなえたい夢、みたいなコーナーでプレゼンして『写真集を出したい』と言ったのですが、むしろ7年間はずっと出したくないと思っていました。薄着で人前に出るのも苦手だったので、今回は殻を破って頑張ったと思うんですけど、たぶんこれが最初で最後だろうな」と率直な思いを語った。

 自己採点を求められると「えーいろんな人の気持ちも込めて100点。見てくれた人が『いいなー』と思ってくれたら」とにっこり。写真集を出すきっかけとなった『乃木坂工事中』のMCを務めるバナナマンも、写真集を見たといい「『工事中』で言っていたことだったので、かなったねとおっしゃってくれました。ただ、私の目の前で水着のところを見て『いいねー』と言うので、恥ずかしくなって『閉じてください!』と言っちゃいました」と照れくさそうに明かした。

 乃木坂メンバーも好意的な意見を寄せてくれているようで「けっこう、みんな見てくれていて。ファンの方へのメールでも宣伝してくれていて。ほとんどの子が『良かったよ』と言ってくれました。高山一実ちゃんとかは、写真集が完成していない段階で、撮れたての写真を一緒に見てくれて、セレクトする場面にもいてくれて。なぜか、私よりも撮れた写真を見ているという感じでした」と感謝の思いを伝えた。

 撮影中の印象的なエピソードについては「ヤギと戯れたいなと思っていて、楽しみにしていたら、意外と野性的で、すごい剣幕で襲ってきて…。けっこう体を張って撮りました。命がけでエサをあげたシーンも載っているので、笑いながら見てほしいです」とアピール。「写真集を出すと決まった時に、自分のやりたいことをやるより、ファンのみなさんへの恩返しのような形にできればいいなと感じたので、隅々まで感謝の一冊になったかなと思います」と呼びかけていた。

 本作は、スイスを舞台に首都ジュネーブや“ハイジの村”マイエンフェルトなどで1週間にわたって撮影した意欲作。チューリヒの湖水海岸とローザンヌのホテルのプールでは水着に挑戦し、さらに人生初のランジェリーカットも披露している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019