ホーム エンタメ > ブルゾンちえみ、女性メディアで初表紙 ボブ&ぱっつん前髪を封印「すごく新鮮でした」

ブルゾンちえみ、女性メディアで初表紙 ボブ&ぱっつん前髪を封印「すごく新鮮でした」

オンラインメディア『コスモポリタン』日本版のカバーガールに抜てきされたブルゾンちえみ

[拡大写真]

オンラインメディア『コスモポリタン』日本版のカバーガールに抜てきされたブルゾンちえみ
 お笑いタレントのブルゾンちえみ(28)が、“楽しく大胆な女性”を応援するオンラインメディア『コスモポリタン』日本版(ハースト・デジタル・ジャパン)の2月のカバーガールに起用されたことが1日、わかった。ブルゾンが女性メディアでカバーを飾るのは今回が初となる。

 『コスモポリタン』では毎月、さまざまな個性を持った“Fearless!”な人をカバーガールに起用。今回、コメディアンの枠を超え、ファッションからメイク、エンタテイメントなどさまざまな分野で注目されている点を評価し、ブルゾンを抜てきした。

 ブルゾンは、今回の企画においてトレードマークのボブ&ぱっつん前髪を封印、前髪を上げたセミロングで撮影に臨み、これまで見せたことのない新しい魅力を披露。カバーガールへの起用とともにロングインタビュー「COVER GIRL ブルゾンちえみのFearlessな生き方」も展開しており、人気を博したキャリアウーマンネタの裏話や、これから目指したい自身のキャリアなどについて語っている。

 初めて女性メディアのカバーガールとして登場したことにブルゾンは「とてもうれしいと同時に、私でいいの!?という緊張感もありました。普段とは違ったメイクやヘアスタイルにして頂いて、すごく新鮮でした。普段下がり眉しか描いてないので、プロのメイクさんの眉毛の書き方はとても勉強になりました。『コスモポリタン』のカバーガールと聞いて、恐れ多い気持ちもありましたが、とにかく楽しく、嬉しい気持ちでいっぱいです」とコメント。

 『コスモポリタン』編集長の白重絢子氏は今回の企画について「『コスモポリタン』の読者は、20 代中盤〜30代前半の約8割がキャリアに邁進している女性が中心です。そして、この世代はひとつの会社、職種に囚われず、新しい働き方をしている人も多いです。多様な職種に挑戦し、ひとつの肩書では、自分の仕事を言い表せない人が増えています」。

 「そんな中、多分野で注目されているブルゾンちえみさんは、読者にとってのオピニオンリーダー的存在になっていただける方だと思いました。今回の企画を通じて、頑張っている女性たちを少しでも元気付けられたらよいな、と思っています」とメッセージを寄せている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019