ホーム エンタメ > 元宝塚・野々すみ花が第1子妊娠を報告 8月下旬出産予定「大切に時を過ごしていきたい」

元宝塚・野々すみ花が第1子妊娠を報告 8月下旬出産予定「大切に時を過ごしていきたい」

野々すみ花(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

野々すみ花(C)ORICON NewS inc.
 元宝塚歌劇団宙組トップ娘役の女優・野々すみ花(32)が9日、自身の公式サイトやインスタグラムなどを更新し、第1子妊娠を報告した。出産は8月下旬を予定。

 野々は「いつも応援してくださる皆さま、お世話になっている皆さまに、ご報告がございます」と切り出すと「私事なのですが、この度 こどもを授かりました」と報告。「一人の人間のなかに、もう一人の小さな人間の生命が宿っていること。不思議ですが、なんだかとても安心感があります。これからはきっと、新しい命から学ぶことばかり。大切に時を過ごしていきたいと思います」と思いをつづった。

 現在は、安定期に入り「ようやく体調が落ち着いて来たところです。出産は8月下旬を予定しており、お仕事は出来る範囲で務めさせていただきます」と伝え「このところ、テレビや雑誌など、皆様の目に触れる機会が比較的多かったかもしれませんが、妊娠初期に撮影したものはほとんどありません。もし身体のことを心配してくださる方がいらっしゃるようでしたら、無理はしていませんのでどうかご安心ください」と呼びかけた。

 きょう3月9日に予定していたサンキューの日のライブイベントの開催とりやめについて「これまできちんとした理由をお伝えできず、楽しみにしてくださっていた皆様にはご心配やご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした」を詫びつつ「どうあがいても体調や心を自分でコントロールできない初めての事態に戸惑い、思うように準備が進められず、そんな状態で皆様の前に立つことは出来ないと、諦めてしまいました。いくじなしです。でも内心、いくじなしになってみて良かったと思っています」と、思いも吐露。

 最後は「妊娠出産という経験は、これからも想像以上に色々な変化をもたらすことと思いますが、その全てを糧として『野々すみ花』を磨いて行くのが目標です。またいつの日か皆様の前に立って、何かをお伝えできますように」と記し「関わってくださる皆様に感謝して日々を過ごして参ります。これからも見守っていただけたら幸いです。季節の変わり目、どうぞご自愛くださいませ」と言葉を寄せた。

 野々は、宝塚退団後、13年1月の蜷川幸雄演出による舞台『祈りと怪物 〜ウィルヴィルの三姉妹〜』で女優としてデビュー。同年7月にはTBSテレビ『日立 世界・ふしぎ発見!』にミステリーハンターとして出演した。その後、舞台やドラマをはじめ、15年にはNHK連続テレビ小説『あさが来た』で粋で色っぽい三味線の師匠・美和役を演じて注目を集めた。プライベートでは、昨年2月27日に結婚を発表している。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R