ホーム エンタメ > 恋愛、整形、日常…あいのり桃が明かす“ブログ”との距離、“ネガティブ反応も”「素直に嬉しい」

恋愛、整形、日常…あいのり桃が明かす“ブログ”との距離、“ネガティブ反応も”「素直に嬉しい」

あいのり桃 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

あいのり桃 (C)oricon ME inc.
 「半顏メイク」「二重整形」「セックスレスで離婚」「新たな恋との別れ」と、常に話題には事欠くことのないブロガーのさん。今回は「すべてをつづってきた」という自身のブログへの向き合い方、整形を決断するまでの思い、自身の化粧に対する意識などを聞いた。

■「たとえネガティブな反応でも、私に興味を持ってくれることがうれしい」

――アメーバブログでは常にランキングにのっている桃さんですが、ブログを書く上で大切にされていることはなんですか?
【桃さん】リアルタイムに日々あったことを日記感覚で書くことです。そうすると、振り返るのが自分でも楽しいんです。読んでくれている方も、友達感覚で読んでくれているのがとても嬉しいです。楽しかったこと、悲しかったこと、色々ありますが、自分の感情や出来事をブログに書くことで、コメントで励ましてもらったり応援してもらったりアドバイスをもらったりが自分の生きがいになっています。

――書いたことが、自分の意図と違うかたちで相手に伝わってしまうというケースもあると思います。そんなときはどう考えていますか?
【桃さん】言葉足らずだった自分が悪かったな、と思います。いろんな人がいて、いろんな見方や解釈があるので、一からすべてを細かく書いていかないと、伝わらないんですよね。昔からブログを読んでくださっている方だとだいたい分かってくれる人も多いんですけど、ネットニュースからブログを見に来てくれる方にとっては説明不足すぎる部分もあって。

――ネガティブな反応を受けた時、桃さんはどう受け止めているのでしょうか。
【桃さん】私は自分なんかのために時間を使ってくれてありがとうございますって思っています。仮にネガティブな気持ちであったとしても、私に少しでも興味を持ってくれたことは素直にうれしいです。傷つくコメントもありますが、中には的を射ているものもあって。それは本当にありがたいですし、特に私は誤字脱字が多いので、気をつけようと思いますね。なかなか直らないので何度もイライラさせてしまうのですが……(笑)。あたらめてネット社会、そして文章って難しいなと思います。

■「自分のすべてが嫌だった」少しでもかわいくなれるよう努力を重ねた日々

――以前ブログに半顔メイクを投稿され、話題になりましたね。なぜご自身のブログにアップしようと思われのでしょうか。
【桃さん】私はすっぴんがすごくブスだと思ってて、小さい一重まぶた、そして小さな黒目、太いまゆげ、肌の色、顔の大きさ丸さ、すべてが嫌でした。自分自身がコンプレックスになっていたけど、それでも少しでもかわいくなれるよう努力をしているということを伝えたかったんです。ブス界のかわいい、になれたらいいなって(笑)。

――具体的にどのようなことをされてきたんですか?
【桃さん】一重まぶたにはアイプチ、小さな黒目にはカラコン、太い眉毛は脱毛そして眉のアートメイク、肌の色には美白化粧品、ファンデーション、顔の大きさ丸さには小顔マッサージなど美容クリニックでの施術です。今の時代、できないことはないんだなって思います。半顔メイクを公開した後は、「勇気をもらえた」とか「私も頑張ります!」みたいなコメントをたくさんいただけて、本当に載せてよかったなと思っています。

――そんなメイク技術があるなかで、二重整形への決意や術後の経過も告白されていますね。整形を決意されたのはどういう理由からだったのでしょうか。
【桃さん】20代は整形に頼らずにメイクで頑張ってきたのですが、30代になって時間がもったいなくて、メイクにかけていた時間をもっとほかの時間に充てたいって思うようになってきたんですよね。それで、もう何十年も頑張ってきたけど、「もういっか!」ってなって、それでついに整形したんです。

――整形してから変わったことはありますか?
【桃さん】それまではいつもメイクに2時間はかかっていたし、二重の幅が決まらなかったりするとそれ以上かかることもあったので、本当に気が楽になりましたね。メイクによって出かけられる時間が全然見えなくて、本当にいつも不安だったので。色々含めたうえで、整形を決断してよかったと思っています。

――今後ブログで発信していきたいことは?
【桃さん】ブログでは、本当にただの私の日常を発信しているだけなんですが、人生いろいろありますよね。この10年間、すべてをつづってきたんです。ブログを読んでくださっている方には、たまには一緒に共感してもらえたり、たまには反面教師にしてもらったり、たまには良いところを参考にしていただけたら嬉しいな、と思いながらこれからも日々つづっていきます。
(取材・文:大原絵理香、撮影:田中達晃/Pash)



関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R