ホーム エンタメ > 真野恵里菜、夫・柴崎選手から手料理褒められ笑顔「『腕前あがったね』と」

真野恵里菜、夫・柴崎選手から手料理褒められ笑顔「『腕前あがったね』と」

夫・柴崎選手から手料理褒められたことを笑顔で語った真野恵里菜=アベンヌ アンバサダー就任発表会(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

夫・柴崎選手から手料理褒められたことを笑顔で語った真野恵里菜=アベンヌ アンバサダー就任発表会(C)ORICON NewS inc.
 女優で歌手の真野恵里菜が23日、都内で行われたアベンヌ アンバサダー就任発表会に出席した。以前のイベントではサッカー・柴崎岳選手は手料理の感想を「正直に言う」と明かしていた真野だが「『だいぶ、腕前あがったね』と、こないだ言ってもらえて」と笑顔。「あまり口数の多い方ではないので不安はあるんですけど食事って日々の暮らしを作るものなので。栄養も大事ですがなにより、おいしく楽しい家の食卓にしたい」と心がけを明かした。

 現在、柴崎選手とともにスペインに在住しており日本に来るのは2ヶ月ぶり。「言葉が通じなくても同じ人間なので私が買い物に行って片言のスペイン語でお肉とかを頼んでも一生懸命聞いてくれる。言葉の不安はだいぶ減りました」とだいぶ慣れてきたよう。

 ブログにも“まのごはん”として料理写真を掲載しており、「手間はかかりますけど、お仕事中心のときよりおうちにいる時間が長く、することがなく、私がすることって食事が一番できることだなと、1日、毎日4時間〜5時間くらいは食事のことを考えて買い物して作り置きしたりとか、インターネットで栄養のことを調べたり」と気遣っているという。

 最近では現地で知り合った日本人に聞いたり、スペイン語を覚えてスーパーに行ったりと旬のものもわかってきたそうで「なんでも食べてくれるし、嫌いなものもない。作る楽しみもあります。これ喜んでくれるかな?とか反応が今は楽しくなってます」と充実の表情。「一緒に食事をするようになってバランスよくお米もしっかり食べるようになったので、風邪も引かなくなり、それは主人のおかげ」と感謝していた。

 この日は南フランス生まれのスキンケアブランドのアンバサダーとして現地にも赴いた様子を報告。「絵本の中に出てくるような町。歩いていても楽しいですし冒険心を掻き立てられた」と感動したよう。同じヨーロッパでも「スペインはラテン。フランスとは言葉も違いますし、食べ物もこんなに違うんだと。もっとヨーロッパを知りたい」と興味を示していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R