ホーム グルメ > 【福袋2022】久世福商店、ハズレなしの中身公開 おうちごはんのお供におすすめな豪華ラインナップ

【福袋2022】久世福商店、ハズレなしの中身公開 おうちごはんのお供におすすめな豪華ラインナップ

久世福商店のオンライン限定「2022年 福袋」より『久世福 福袋<梅>』(税込4200円)

[拡大写真]

久世福商店のオンライン限定「2022年 福袋」より『久世福 福袋<梅>』(税込4200円)
 ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに、万能だしや調味料、菓子が人気のグルメ系セレクトショップ「久世福商店」。同店が公式オンラインショップで販売する『2022年 福袋』の詳細が公開された。毎年発売から数日で完売してしまう人気商品。気になる今年の内容は?

 全3種がラインナップする同商品。コロナ禍でおうち時間が増えた影響か、今年はとにかくご飯のお供が人気だったという。それに合わせ、『久世福 福袋<梅>』(税込4200円)には、『大人のしゃけしゃけめんたい』と『海苔バター』、パンのお供として不動の人気を誇る『あんバター』、ネットで大きな話題となった『いちごミルクの素』などを詰め合わせた。『久世福<竹>』(税込6000円)には、定番の人気商品に『いぶりがっこタルタル』、『梅なめ茸』、『卵ボーロ』などの隠れ名品を加えた11品をセットに。

 そして、昨年は発売直後に即完売となった『久世福・サンクゼール<松>』(税込1万円)には、スタッフの一押し商品を集めた、昨年より2品多く全13品の豪華な内容。普段オンラインショップでは買うことのできない限定ワイン『飯綱シードルふじ・高坂』や人気ナンバー1のワイン『ナイアガラブラン』をはじめ、アルコールと一緒に楽しめるおつまみ系も。

 さらに、<梅>と<竹>には、届くまで何が入っているか分からないお楽しみ商品も用意。『2022年 福袋』は、12月4日午前10時よりオンラインショップで販売スタート。すべて送料込み価格で、数量限定の販売。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ