ホーム ダイエット・ボディケア > コロナ禍で極真空手やBリーグ専属ダンサーから美ボディ大会出場に転向した美女たち「胸やお尻の大きさが気にならなくなった」

コロナ禍で極真空手やBリーグ専属ダンサーから美ボディ大会出場に転向した美女たち「胸やお尻の大きさが気にならなくなった」

2021.12.29 08:30

 近年、美しいボディラインと健康的な筋肉を競う美ボディ大会が活況を得ている。『サマー・スタイル・アワード(SSA)』の東京予選に出場した極真空手の選手でもあるトレーナーの内藤玲奈さん(30歳)。一方の『ベストボディ・ジャパン(BBJ)』の横浜大会に出場した大学生の新川珠莉さん(20歳)は、Bリーグチームの専属ダンサーとしても活躍していた。ほかのスポーツから転身した彼女たちに、コンテスト出場のきっかけやボディメイクの魅力について聞いた。

◆「今はただ健康で...

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ